赤堀恵美子の夫(旦那)が首謀者ってホント⁉宗教家のマインドコントロールで虚偽癖?

ニュース

2021年3月2日に福岡5歳児餓死事件に関わったとして逮捕された赤堀恵美子容疑者。

ですが、赤堀容疑者の夫が黒幕だった話が出てきています。

本当はどうなのでしょうか。

今回は、赤堀恵美子の夫(旦那)が首謀者ってホント⁉宗教家のマインドコントロールで虚偽癖?について紹介します。

スポンサーリンク

赤堀恵美子が福岡県5歳児餓死で逮捕

「ママ友」に心を支配され、息子を死なせてしまった事件の恐怖のシナリオとは…。福岡県篠栗町で5歳だった男児が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で母親の碇利恵容疑者(39)とともに逮捕された知人の赤堀恵美子容疑者(48)に、碇容疑者からだまし取るなどした金の総額が1000万円を超える疑いがあることが3日、分かった。赤堀容疑者の心の闇に専門家が迫った。  赤堀容疑者は、碇容疑者の三男翔士郎ちゃんが昨年4月に死亡した後も詐取を続けていた。通帳を管理して金を引き出した他、車を売却させた疑いもある。  赤堀容疑者が一家の食事について「翔士郎は兄の半分」などと具体的に指示していたことも判明。2019年に離婚し、子供3人と暮らす碇容疑者の一家は、わずかな米をおかゆにして分け合っていたという。

引用元:5歳児餓死事件 ママ友容疑者の恐怖シナリオ「3人のうち1人が亡くなれば…」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 

このような報道が出ていますが、赤堀恵美子容疑者の夫(旦那)が黒幕だと噂されています。

その点について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

赤堀恵美子の夫(旦那)が首謀者ってホント⁉

赤堀恵美子容疑者の夫が首謀者であり、黒幕であることが噂されています。

ですが、本当はどうなのでしょうか。

 

事実と夫を考えると不思議な点がいくつも見えてきました。

それぞれについて紹介します。

赤堀恵美子容疑者の夫(旦那)首謀者理由①:ブランド品に気づくはず

赤堀恵美子容疑者は、亡くなった5歳の男の子の母親である碇利恵容疑者からだ学のお金を巻き取っていました。

そのお金をブランド品の購入にあてていたと話しているようですが、たくさんの高価なブランド品が家の中にあったら、変化に気づきますよね。

家族を守らなければならない夫さんも変な行動をしている妻の姿を見たら、注意しますし、止めに入りますよね。

夫さんがもしいい人であっても、妻である赤堀恵美子容疑者が信用を無くすような行動をしていれば、家族全体の信用にも関わってきますから。

赤堀恵美子容疑者の夫(旦那)首謀者理由②:赤堀恵美子容疑者の信用ないことを知っていた

赤堀恵美子容疑者が夫(旦那)や子供を連れて頻繁に訪れていたお弁当などを売っていたスーパーではクレーマーとして有名だったようです。

その店員さんによると「箸が一膳足りない」や「コショウがない」などのクレームの電話を入れることがあり、自宅まで謝罪させたこともあったようです。

そのような赤堀恵美子容疑者のクレーマーとしての活動は旦那さんも目の前でも行われていたことはほぼ確実ですし、そのような行動をとった時点で何かしらの対処を夫としてするべきだったと思います。

また、今回の亡くなった5歳児の母親で赤堀恵美子容疑者と一緒に逮捕された碇利恵容疑者とママ友として知り合った幼稚園内でも周りのママ友が赤堀恵美子容疑者から離れていったこともありました。

そのような状態を夫が気づかないはずがありません。

なので、赤堀恵美子容疑者の夫も事件に関わっていたと私は考えています。

スポンサーリンク

赤堀恵美子の夫(旦那)は宗教家のマインドコントロールで虚偽癖?

赤堀恵美子容疑者の夫(旦那)は宗教家であることが判明しています。

宗教家は宗教への勧誘が必要なので、ある意味マインドコントロールによって多くの人を集めていることもあるかもしれません。

ここ最近だと、オウムによる一連の事件も宗教団のように立ち上げて、マインドコントロールによる事件でした。

なので、事件の規模は違いますが、妻である赤堀恵美子容疑者にマインドコントロールさせるような環境を作り出していたとも考えられます。

スポンサーリンク

赤堀恵美子の夫についてネット上では?

赤堀恵美子容疑者の夫についてネット上では次のようなコメントが多くありました。⇓

スポンサーリンク

まとめ:赤堀恵美子の夫(旦那)が首謀者ってホント⁉宗教家のマインドコントロールで虚偽癖?

今回は、赤堀恵美子の夫(旦那)が首謀者ってホント⁉宗教家のマインドコントロールで虚偽癖?について紹介しました。

しっかり赤堀恵美子容疑者には事実を話して、真実を明らかにしてほしいです。

そして、今後の対策にも繋げていってほしいです。

保健所や警察によって保護できた事件でもあったので。

最後までご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました