赤堀恵美子の生い立ち・wiki風プロフィール(経歴)・学歴は?子供や経緯も!

ニュース

福岡県篠栗町で5歳の男の子が亡くなり逮捕された母親の碇利恵とママ友の赤堀恵美子。

ですが、マインドコントロールによって母親が支配されていた事実が報道されています。

一体、ママ友の赤堀恵美子とはどんな人物なのでしょうか。

今回は、赤堀恵美子の生い立ち・wiki風プロフィール(経歴)・学歴は?子供や経緯も!について紹介します。

スポンサーリンク

赤堀恵美子が逮捕

福岡県篠栗(ささぐり)町で5歳男児を餓死させたとして母親と知人女性が逮捕された事件で、知人の赤堀恵美子容疑者(48)が、母親の碇(いかり)利恵容疑者(39)の子供が関係するトラブルなどを次々とでっち上げて自らの働きかけで解決したように装っていたことが、関係者への取材で判明した。県警は、信頼を得た赤堀容疑者が次第に碇容疑者の家庭に深く入り込み、生活費などを搾取したとみて調べる。

碇、赤堀両容疑者は2019年8月ごろから碇容疑者の三男翔士郎(しょうじろう)ちゃんの食事の量や回数を減らし、20年4月18日に餓死させたとして、保護責任者遺棄致死容疑で今月2日に県警に逮捕された。

引用元:福岡5歳児餓死 知人女性、トラブルでっちあげ母親に接近(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

マインドコントロールするまでのママ友とはどのような人物なのでしょうか。

本当に恐ろしいイメージがありますが、、、

詳しく紹介します。

スポンサーリンク

赤堀恵美子の生い立ち・wiki風プロフィール(経歴)・学歴は?

最初に赤堀恵美子の生い立ち(プロフィール)・学歴・wiki経歴情報を紹介していきます。

  • 名前:赤堀恵美子(あかほりえみこ)
  • 生年月日:1972年or1973年生まれ(逮捕時48歳だったことから)
  • 現住所:福岡県篠栗町(事件現場の地区と同じ)

学歴は特定することができませんでした。

赤堀恵美子の顔写真はこちら⇓

知人女、1千万超詐取の疑い 福岡の5歳児餓死事件 - 産経ニュース

引用元:知人女、1千万超詐取の疑い 福岡の5歳児餓死事件 – 産経ニュース (sankei.com)

体格がいいですし、おいしいものをたくさん食べてそうな体ですよね。

碇利恵から巻き上げたお金でたくさんの普段食べられないようなものを食べていたのでしょうか。

 

遊んでいる時の写真が多くあるので、専業主婦として子供を育てていたと考えられます。

では、どのような子供なのでしょうか。

スポンサーリンク

赤堀恵美子の子供

赤堀恵美子は子供がいて、碇利恵と幼稚園のママ友として関わり始めたことから亡くなった5歳の男の子と同い年に子供がいたと考えます。

ママ友は子供が同じ学年のことから関係が深まることが多く、碇利恵の家計を握るまでになるには子供が同級生でなければ、こんなに深い関係にまではならないと考えるからです。

しかし、亡くなった5歳の男の子は3人目の子供で上には2人の子供がおり、小学生になっていたという情報もあります。

もしかしたら、兄弟の同級生が赤堀恵美子の子供だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

赤堀恵美子の経緯

赤堀恵美子の子供は2016年4月ごろに福岡県外から福岡県篠栗町内の幼稚園に転校してきていました。

その時に、今回の事件で亡くなった5歳の男の子の母親である碇利恵と知り合いました。

その後、意気投合して仲のいいママ友になりますが、赤堀恵美子の事実とは違った話に周りのママ友は避けるようになって2人の関係が深まったとされています。

 

その後、赤堀恵美子は碇利恵に対して次のようにマインドコントロールをしていったとされています。

  • 夫が不倫をしているから離婚したほうがいい
  • バックには暴力団がいて、元夫の元へ向かわせる
  • 生活保護を受けるためには、もっと痩せらなければならない⇒食事制限
  • 痩せていることがばれないように幼稚園を辞めさせる

などの行為をしていたと碇利恵が話していると発表されています。

碇利恵から巻き上げたお金はブランド品などの商品の購入にあてていました。

スポンサーリンク

赤堀恵美子についてネット上では?

赤堀恵美子についてネット上では次のようなコメントが多くありました。⇓

スポンサーリンク

まとめ:赤堀恵美子の生い立ち・wiki風プロフィール(経歴)・学歴は?子供や経緯も!

今回は、赤堀恵美子の生い立ち・wiki風プロフィール(経歴)・学歴は?子供や経緯も!について紹介しました。

マインドコントロールは恐ろしいですが、このような事件は本当になくすべきです。

しかも、保健所の訪問によって気づくことができた事件でもあるので、しっかりと防ぐべきですよね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました