ディズニーソング浅倉大介のデビュー前は?高校生の時も別格だった?【マツコの知らない世界】

テレビ番組

ディズニーソングを多く手掛けている音楽プロデューサーの浅倉大介さん。

マツコの知らない世界でも紹介されています。

そんな浅倉さんのデビュー前はどのような人だったのか知りたい人も多いかと思います。

今回は、ディズニーソング浅倉大介のデビュー前は?高校生の時も別格だった?について紹介します。

スポンサーリンク

ディズニーソング浅倉大介のデビュー前は?

高校卒業をして、音楽活動をし始めた1985年からレコード会社Fun Houseと事務所Timemachineに所属し始めた1991年までの6年間、マニピュレーターという仕事をして小室さんのサポートでツアーに同行していました。

その後、小室さんからソロデビューを進められて、TMネットワークのカバーアルバムでソロデビューをしています。

 

浅倉さんは高校生の時に音楽について詳しく勉強をして、ヤマハでデバック・システム開発を始めています。

音楽の世界に進む直前の高校生活ではどのような様子だったのか気になりますよね。

高校生の時の様子について紹介します。

スポンサーリンク

ディズニーソング浅倉大介は高校生の時も別格だった?

浅倉さんは幼少期から多くのジャンルの音楽を聞くのが好きで、エレクトーンをしていました。

聞くだけでは物足りなく、幼少期から自分なりに音楽を修正しようと考えていました。

 

そんな浅倉さんは1985年に東京都立蔵前工業高等学校を卒業しています。

 

浅倉さんが通っていた蔵前工業高校の情報はこちら⇓

  • 設立年:1924年5月22日
  • 学科:機械科・電気科・建築科・設備工業科
  • 場所:東京都台東区⇓

 

高校生活では、最新機種がすぐ触れたくてヤマハの楽器店でバイトを始めています。

バイト先の最新機種が複雑に弾くとエラーが出てしまい、ヤマハの営業所からヤマハの東京支店、浜松にまで話題になり、浜松まで呼ばれたこともあったようです。

その頃には、エレクトーンの最新技術、シンセサイザーの技術、パソコンのプログラムまでを学び、ヤマハでデバック・システム開発をしていて、このままヤマハの研究所のエンジニアになると思っていました。

 

ですが、小室哲哉さんから打ち込みの音を生で演奏したいという相談が浅倉さんにあり、小室さんと仕事をしていくことになります。

 

高校生活は楽器のバイトから始まり、自身の能力を認められながら、いろいろなことを学んでいたことが分かります。

普通の高校生では考えられないことですよね。

自分の持っている能力しっかり発揮していく姿は今も昔もかっこいいです。

スポンサーリンク

ディズニーソング浅倉大介をマツコの知らない世界で紹介

2021年1月3日(日)21時から放送の2021年新春スペシャルで、音楽で楽しむディズニーソングの世界を浅倉さんが熱血に話しています。

 

ディズニーソングを多く手掛けてきた浅倉さんだから話せることを多く語るそうです。

スポンサーリンク

ディズニーソング浅倉大介についてネット上の反応は?

スポンサーリンク

まとめ:ディズニーソング浅倉大介のデビュー前は?高校生の時も別格だった?

今回は、ディズニーソング浅倉大介のデビュー前は?高校生の時も別格だった?について紹介しました。

浅倉さんは高校時代から普通の人では考えられないような音楽の関わり方をしていました。

これからも浅倉さんがどのような音楽をつくっていくのか楽しみです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました