ベースジャンプの久保安宏の経歴情報!仕事は?

スポーツ

2020年11月29日のジャンクスポーツで、ベースジャンプの久保安宏さんが出演されました。

プロスカイダイバーとして活躍している久保安宏さんですが、

どのような経歴を持っているのか、結婚はされているのか知りたい人も多いかと思います。

今回は、ベースジャンプの久保安宏の経歴情報!仕事は?について紹介します。

スポンサーリンク

ベースジャンプの久保安宏の経歴情報!

ベースジャンプを何回もしている久保安宏さんですが、

どのようなところで飛んでいるのか、

どんなプロフィールなのか知りたい人も多いかと思います。

久保安宏さんの経歴情報を詳しく紹介します。

久保安宏のプロフィール

東京都青梅市出身で、1962年6月24日生まれの58歳だそうです。

明星大学人文学部社会学科出身だそうです。

20歳の時に、東京にある米軍の横田基地で

アメリカ兵のパラシュートを使った降下を見てスカイダイビングを始めたそうです。

20歳でも自分の限界をつくらずに挑戦したことがすごいですよね。

10代の頃には仲間外れにされた経験をしていて、

人一倍、挑戦することを大事にしているそうです。

24歳頃(1986年)からフリーフォール撮影を始め、

20年間、ほとんどのテレビ放送でのスカイダイビング映像を撮影していて

テレビや雑誌などのメディアに出演しているそうです。

スカイダイビング、

ベースジャンプ、

ウィングスーツ、

スタント、

フリーフライ、

ビッグフォーメーション、

CRW、

エアーカメラを使った撮影など

多くの種類で

プロスカイダイバーとして活躍し、

世界中のイベントに多く参加しているそうです。

現在は、ベースジャンプのフリーフォール撮影を中心に

活動しているそうです。

BASEジャンプはどこから飛び降りるかというと、

世界中の

B=Building(ビル、建物)

A=Antenna(アンテナ、タワー)

S=Span(スパン、橋桁)

E=Earth(アース、断崖、絶壁)

から飛び下りているそうです。

怖すぎますよね。

自分なら足が震えすぎて飛べないと思います。

55歳でキャンプ歴35年時点では、

ジャンプ回数は13000回以上、

カメラジャンプは5000回以上、

ベースジャンプは505回以上飛んでいるそうです。

経歴も凄すぎます。

これまで

日本航空写真家協会 (JAAP)のメンバー、

世界パラシュート委員会日本代表(1998年、1999年、2000年)、

パラシュート世界選手権大会委員長、

2000年 X-GAME(スカイサーフィン)プロデュース、

日本パラシュート委員会会長(1998年~2004年)、

株式会社クボプラ代表取締役、

G-shock ライズマン 白 USPA モデルの商品監修、

USPA(アメリカパラシュート協会)と

コーディネート、プロモーション写真の撮影でコラボするなど

多くの場面で活躍しているそうです。

日本のスカイダイビング界の第一人者として、

世界で活躍して、挑戦し続けているそうです。

2015年には、アメリカのスカイダイビング博物館に

アジア人初の殿堂入りをしているそうです。

アジアにスカイダイビングがもっと広がっていくといいですね。

とても怖いですが、、、

久保安宏は講演会もしている

小学生からお年寄りまでの広い年代に講演を開いているそうです。

講演後には、たくさんの方が

「力をください」と握手しに来てくれるそうです。

地元である東京都青梅市での地域間工業交流会をはじめとして、

多くの講演会で話しているそうです。

地元の人など多くの人に元気を与えてくれているんですね。

講演会だけでなく、

「19th SKY GRAFFITI 2017東京展・大阪展」

という写真展にも出展していたそうです。

久保安宏のこれまでの功績

2000年9月2日には

上空3000メートルから先にパラシュートを落として

追いかけてパラシュートを開くタイムを競い、

50秒という最速タイムでギネス認定されているそうです。

 

バンザイスカイダイビングと言われているジャンプをして、

久保さんの娘の1才のお誕生日の日に

ギネス記録を出しているそうです。

娘さんには最高の誕生日プレゼントだったかもしれませんね。

気づくのはまだまだ後だったと思いますが、、、

 

2006年には400人で飛んで手をつなぎ

空中アートをつくって

ギネス認定されているそうです。

 

2017年12月に中国の雲南省の景洪タイ自治区で開催された

Wings for love 2018 world cupでは、

スウェーデンチームのメンバーとして参加して

3位を獲得、

 

2017年11月1日に開催された64way night world recordでは

ナイトジャンプで64人のフォーメーションをして

世界記録を出したそうです。

 

このように

2つのギネス記録と多くの世界記録を持っているのは

長年の経験とベースジャンプが好きでないとできませんよね。

凄すぎます。

日本代表のチームリーダーとして世界選手権出場したこともあるそうです。

久保安宏の家族

久保安宏さんはブログをやっていて、

娘さんが出てきているので

奥さんもいる家庭を持っていると思います。

ですが、奥さんについての情報をキャッチすることはできませんでした。

何回も危険なベースジャンプをする久保安宏さんを

ドキドキしながら帰宅を待っているんでしょうね。

毎日心配でしょうがないと思います。

ですが、明るい笑顔の写真が多い久保安宏さんとは

楽しく生活していそうですね。

スポンサーリンク

ベースジャンプの久保安宏の仕事は?

ベースジャンプばかりしている久保安宏さんですが、

仕事は何をされているのか気になっている人も多いかと思います。

久保安宏さんの仕事情報を詳しく紹介します。

久保安宏は社長さん

久保安宏さんは会社の社長さんのようです。

東京に本社を持っている

「株式会社コボプラ」という会社のようで

プラスチックの加工をしているそうです。

ベースキャンプと社長さんの二足の草鞋を履いていますが、

どちらも上を向き続けて向上心を忘れないことを意識しているようです。

どちらも同じことを繰り返しますが、

しっかり工夫しながら挑戦していることが分かりますね。

スポンサーリンク

まとめ:ベースジャンプの久保安宏の経歴情報!仕事は?

今回は、ベースジャンプの久保安宏の経歴情報!仕事は?について紹介してきました。

会社の社長さんをしながら飛び続ける久保安宏さんは

これからも飛び続けていきそうですね。

最年長記録も作ってほしいですね。

これからの久保安宏さんに注目です。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました