コロナワクチンの副作用(副反応)はどんな症状?確率(割合)は?不妊や脊髄炎も?

ニュース

日本では2021年2月17日からコロナワクチンの接種が開始されました。

ですが、富山県でワクチン接種の副作用として蕁麻疹が出た事例がありました。

ワクチン接種をするにあたって副作用は怖いですよね。

今回は、コロナワクチンの副作用(副反応)はどんな症状?確率(割合)は?不妊や脊髄炎も?について紹介します。

スポンサーリンク

コロナワクチンの接種開始したが副作用が出た事例も

コロナワクチンが日本でも2021年2月17日から開始されていますが、副作用が出た事例が富山県で出ています。

新型コロナウイルスワクチンの接種をめぐり、富山労災病院(富山県魚津市)で19日、接種の副反応の疑いのあるじんましんの発生が報告されていたことが20日、分かった。首相官邸がワクチン接種情報を発信している公式ツイッターで公表した。17日から開始された医療従事者への先行接種で、副反応の疑い事例が確認されたのは初めて。 【ここが知りたい】ワクチン接種で得られる効果は?  首相官邸は「厚生労働省が引き続き副反応疑い事例の収集に努めるとともに、接種後15分以上は接種会場で様子を見るなどの安全対策の周知に努める」としている。

引用元:ワクチンで副反応の疑い 富山県の病院、首相官邸ツイッターで発信(産経新聞) – Yahoo!ニュース

マジで怖いですよね。

しかもまだ日本での事例も始めてなので、しっかり対処してもらえるのかも心配な方も多いのではないかと思います。

現状どのような事例があるのか紹介していきます。

スポンサーリンク

コロナワクチンの副作用(副反応)はどんな症状?不妊や脊髄炎も?

日本で初めて確認された副作用(副反応)は蕁麻疹でしたが、世界でもアレルギー症状が確認されています。

アレルギー症状では、食物アレルギーと同じように蕁麻疹やアナフィラキシーショックなどの症状です。

詳しくはこちらをご覧ください。⇓

スポンサーリンク

コロナワクチン副作用(副反応)の確率(割合)は?

コロナワクチンの副作用(服反応)の確率は限りなく低いと考えられています。

低くないと、そもそも日本のワクチンとして承認はされないと思いますし…

ほぼ、副作用(副反応)はないと考えていていいと考えます。

 

また、アナフィラキシーショックなどが起きてしまった場合でも、すぐに処置ができるような対策が取られています。

なので安心していいと私は思います。

スポンサーリンク

コロナワクチンについてネット上では?

コロナワクチンについてネット上では次のようなコメントが多くありました。⇓

スポンサーリンク

まとめ:コロナワクチンの副作用(副反応)はどんな症状?確率(割合)は?不妊や脊髄炎も?

今回は、コロナワクチンの副作用(副反応)はどんな症状?確率(割合)は?不妊や脊髄炎も?について紹介しました。

ワクチン接種は本当に怖さがあると思います。

ですが、安心して大丈夫だと考えます。

落ち着いてワクチン接種をしてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました