【2021最新】コロナワクチン接種はどこで受けることができる?対象は何歳から?

ニュース

世界でコロナウイルスのワクチン接種が進んでいて、いよいよ日本でもワクチン接種が始まります。

ですが、どこで受ければいいのか、対象年齢は何歳からか分からない人も多いかと思います。

今回は、【2021最新】コロナワクチン接種はどこで受けることができる?対象は何歳から?について紹介します。

スポンサーリンク

【2021最新】コロナワクチン接種が始まる

引用元:ワクチン一般接種、5月を想定 医療・高齢者の終了後(共同通信) – Yahoo!ニュース

ワクチンの接種が本格的に開始されますね。

しかし、どこで受けることができるのか、何歳から受けることができるのか不明ですよね。

ワクチン接種に関する情報について紹介します。

スポンサーリンク

【2021最新】コロナワクチン接種はどこで受けることができる?

コロナウイルスのワクチン接種を受けることができる場所を2021年1月20日現在政府は発表していません。

ですが、全国各地の病院で受けることができると考えられます。

 

2021年1月現在、日本国内では28種類のワクチンを15社の提供の元、私たちはワクチンを接種することができています。

その中には今回、コロナウイルスのワクチンを開発して日本に提供してくれているイギリスの「グラクソ・スミスクライン(GSK)」、フランスの「サノフィ」、アメリカの「ファイザー」も含まれています。

 

これまでどのワクチン制作会社も各病院にワクチンを届け続けてきました。

なので、これまでと同様に病院で接種することが可能になると考えます。

 

また、高齢者や医療関係者を2月末からワクチン接種を行うと発表していることから、院内感染は防ぐことができると考えます。

スポンサーリンク

【2021最新】コロナワクチン接種の対象は何歳から?

コロナウイルスのワクチン接種の対象年齢に関する情報も政府は発表していません。

しかし、一般的なワクチンの対象年齢は生後2か月後からです。

 

コロナウイルスのワクチン接種は同じように生後2か月後からが対象になるとは決めつけられませんが、可能性としては高いと考えられます。

 

なので、出産時にはコロナウイルスのワクチン接種についてはしっかり調査する必要があります。

皆さんも注意してください。

スポンサーリンク

【2021最新】コロナワクチン接種についてネット上では?

コロナウイルスのワクチン接種についてネット上では、多くの問題があると話題になっています。⇓

今後、どのように政府が対処するかは分かりませんが、2月末から高齢者、医療関係者を優先的に接種することができることは確かなようです。

スポンサーリンク

まとめ:【2021最新】コロナワクチン接種はどこで受けることができる?対象は何歳から?

今回は、【2021最新】コロナワクチン接種はどこで受けることができる?対象は何歳から?について紹介しました。

コロナウイルスのワクチン接種について、まだまだ問題は山積みですが、2月末のワクチン接種開始に向けて、急ピッチで政府は進めています。

私たちは外出を控えて、これまで通りじっと待っていましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました