ドンキは前社長の不正をするほど苦しかった?今後の状態は大丈夫か?

ニュース

ドンキの大原孝治前社長が商品取引法違反の疑いで逮捕されました。

会社のトップが不正を犯すからには、それなりの状況があったからだと考えますよね。

今回は、ドンキは前社長の不正をするほど苦しかった?今後の状態は大丈夫か?について紹介します。

スポンサーリンク

ドンキは前社長の不正

ドンキホーテホールディングスに対する2018年の株式公開買い付けを巡り、公表前に自社株の購入を知人男性に不正に勧めたとして、東京地検特捜部は3日、金融商品取引法違反の疑いでドンキ前社長の大原孝治容疑者(57)を逮捕した。

引用元:ドンキホーテ前社長を逮捕(共同通信) – Yahoo!ニュース

前社長と言っても会社の社長さんが逮捕されてしまうと、会社全体の雰囲気を悪くするよね。

会社の社長としての行動をしてもらいたいですよね。

今、めっちゃ上昇している企業なんだから!

スポンサーリンク

ドンキは前社長の不正をするほど苦しかった?

ドンキの社長が不正をした2018年当時は苦しくなく、いけいけの状態だったと考えられます。

なぜなら、2018年の段階で海外進出を果たしており、シンガポールに2号店もオープンさせています。

 

なのになぜ不正を犯してしまったのか謎です。

不正をしてしまった具体的な理由はまだわからないので、分かり次第追記します。

スポンサーリンク

ドンキの今後の状態は大丈夫か?

全国規模で展開していて、今後も心配なく利益を出していく予想です。

東南アジアやハワイまで規模を広げて展開しているドンキですから影響もなさそうです。

 

ですが、前社長が不正を行っていたというのは、悪い印象を受けますよね。

これから会社としてどのように動くのかも注目です。

スポンサーリンク

ドンキは前社長の不正をするほど苦しかった?ネット上の反応は?

スポンサーリンク

まとめ:ドンキは前社長の不正をするほど苦しかった?今後の状態は大丈夫か?

今回は、ドンキは前社長の不正をするほど苦しかった?今後の状態は大丈夫か?について紹介しました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました