ファンモン・djケミカルのお寺はどこ?八王子の住職としては有名!

芸能

2013年に解散して、2021年にdjケミカルさん以外のファンキー加藤さんとモン吉さんの2人で再結成した「FUNKY MONKEY BABYS」。

解散理由もdjケミカルさんの家業を継がなければ行けなかったことでした。

家業はお寺の住職ですが、どのようなお寺なのでしょうか。

今回は、ファンモン・djケミカルのお寺はどこ?八王子の住職としては有名!について紹介します。

 

スポンサーリンク

ファンモン・djケミカルのプロフィール

  • 名前:DJケミカル
  • 本名:田野倉智文(たのくら ともふみ)
  • 生年月日:1982年5月13日
  • 出身地:東京都八王子市
  • 血液型:B型
  • 経歴:DJ(FUNKY MONKEY BABYS 2004年~2013年 イドエンターテインメント所属)
  • 職業:住職

FUNKY MONKEY BABYSのDJケミカル、一般女性との入籍を発表 - TOWER RECORDS ONLINE

引用元:https://tower.jp/article/news/2012/04/11/n03

DJプレーをしないジョッキーとして有名ですよね。

DJ自体は、「FUNKY MONKEY BABYS」が結成去れた2004年元旦から約3年前の2000年11月でした。

モテると思って始めて、挫折を経験しながらも続けていた過去があります。

DJプレイは当時から上手く、六本木のクラブでの指名もあったものの、断って「FUNKY MONKEY BABYS」に加入したと話していました。

「FUNKY MONKEY BABYS」にはいなくてはならない存在ですよね。

では、解散後どのような生活をしているのでしょうか。

スポンサーリンク

ファンモン・djケミカル解散後は住職に!

「FUNKY MONKEY BABYS」のDJをしていたDJケミカルさん。

2013年6月の東京ドーム公演で解散しましたが、その解散理由もDJケミカルさんが家業である住職になるためだったということも後に明かしています。

 

ですが、家業を継がなければならないのに、「FUNKY MONKEY BABYS」として音楽活動をしながら副住職として家業を継ぐための準備をしていたようです。

相当過酷な生活をしていたのではないでしょうか。

そんな中でもライブになれば暴れまわってライブを盛り上げて、多くの人の心に届く歌を届けていましたよね。

では、実家はどのような場所にあるのでしょうか。

スポンサーリンク

ファンモン・djケミカルのお寺はどこ?

元「FUNKY MONKEY BABYS」のDJケミカルさんが住職を務めているお寺はどこなのでしょうか。

「FUNKY MONKEY BABYS」は3人とも東京都八王子市出身です。

その八王子市内でも八王子市川口町の法蓮寺が実家です。

詳しい場所についてはこちら⇓

また、外観はこんな感じです。⇓

本当に静かなところにありました。

djケミカルさんが継いでいる法連寺の宗旨は時宗です。

「DJケミカル」としてでなく、田野倉家を継ぐものとして一生懸命頑張っていると思います。

スポンサーリンク

ファンモン・djケミカルは八王子の住職としては有名?評判は?

八王子市内の法連寺というお寺さんで住職をしていることは分かりました。

では、八王子では住職さんとして有名なのでしょうか。

疑問になる人も多いかと思います。

 

DJケミカルさんは元々「FUNKY MONKEY BABYS」の一員として活躍していたことからお寺の知名度は上がったと思いますが、DJケミカルさんが継いだ住職は知名度を広げる仕事でなく、お寺を守る仕事なのでこれまでの「FUNKY MONKEY BABYS」の活動していた時のように注目されているわけではないと考えます。

ですが、「FUNKY MONKEY BABYS」のファンは全員が知っているところなのではないでしょうか。

お寺なので、接触をはかることはできないと思いますが、、、

また、DJケミカルさんの住職についての評判はSNSなどを調べてもあまりありませんでした。

ですが、SNSでは2021年3月11日に「FUNKY MONKEY BABYS」が一夜限り3人で歌ったときにDJケミカルさんの住職についてのコメントが多くありました。

その中の一部を紹介します。⇓

スポンサーリンク

まとめ:ファンモン・djケミカルのお寺はどこ?八王子の住職としては有名!

今回は、ファンモン・djケミカルのお寺はどこ?八王子の住職としては有名!について紹介しました。

「FUNKY MONKEY BABYS」のメンバーとして2021年の復活はできませんでしたが、住職として多くの人をまた支えていってほしいです。

これからも応援しています!

最後までご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました