群馬県桐生市の山火事はどこら辺(地域)でなぜ起きた?延焼範囲・鎮火(消火)いつ?

ニュース

2021年2月25日に群馬県桐生市で山火事が発生しました。

ですが、この山火事の詳しい情報を知りたい人も多いかと思います。

今回は、群馬県桐生市の山火事はどこら辺(地域)でなぜ起きた?延焼範囲・鎮火(消火)いつ?について紹介します。

スポンサーリンク

群馬県桐生市の山火事発生

 群馬県桐生市山火事で1人がけがをしたことが分かりました。  桐生市黒保根町の山林から火が出て延焼中です。  消防によりますと、この火災で1人がけがをしていて、25日午前11時半ごろに救急搬送されました。  命に別状はないということですが、身元を含めて詳細は明らかにされていません。  桐生市は隣の栃木県足利市の山火事の消火作業に応援として派遣していた消防隊を呼び戻して消防車14台で消火活動にあたっていますが、鎮火のめどは立っていません。  自衛隊と山梨県のヘリコプターも参加して空から消火を試みています。

引用元:群馬・桐生市で山火事1人けが 鎮火のめど立たず(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

栃木県足利市の山火事が2021年2月21日から続いており、注意が呼びかけられていた中で起きてしまったんですね。

普通なら注意したり、乾燥注意報が消えるまで待つとかあったと思いますが、、、

詳しい情報を紹介します。

スポンサーリンク

群馬県桐生市の山火事はどこら辺(地域)でなぜ起きた?

山火事の発生場所は、冒頭で紹介した記事から「群馬県桐生市桐生市黒保根町」だということが分かっています。

桐生市黒保根町の地形についてはこちら⇓

山に囲まれていて、どの山が山火事になっているのかまだ分かってはいませんが、特定次第追記します。

 

報道によると、山の近くで木を燃やしていたところ、燃やしたい木の下にあった葉っぱなどに燃え移ってしまったとされています。

山火事が発生した2021年2月25日も乾燥注意報が日本の全国各地に出されており、注意が呼びかけられていました。

注意が呼びかけられている中でも、このような大きな山火事の原因となる火を山の中で使用している人が増えているのですから、よりいっそうの注意が必要だと考えられます。

 

2021年2月25日までの1週間で、栃木県足利市、東京都青梅市、熊本県阿蘇市と立て続けに山火事が発生しています。

 

皆さん、本当に日の元には十分注意して行動してください。

スポンサーリンク

群馬県桐生市の山火事の延焼範囲・鎮火(消火)いつ?

群馬県桐生市の山火事の鎮火の目途は立っていないと冒頭での記事に紹介されていました。

また、山火事は山の下の部分で発生しており、山の山頂に向かって火が燃え広がっている様子です。

なので、今のところ山の下にある街の危険性は高い中でも低いとされていますが、いつ風向きが変わって街に向かって火が近づいてくるか分かりませんよね。

 

同時進行で栃木県足利市の山火事の消火作業も進んでいますが、人員が本来集まるはずの半分なので消化にも時間がかかりそうです。

スポンサーリンク

群馬県桐生市の山火事に就てネット上では?

群馬県桐生市で起きてしまった山火事についてネット上では次のようなコメントがありました。⇓

スポンサーリンク

まとめ:群馬県桐生市の山火事はどこら辺(地域)でなぜ起きた?延焼範囲・鎮火(消火)いつ?

今回は、群馬県桐生市の山火事はどこら辺(地域)でなぜ起きた?延焼範囲・鎮火(消火)いつ?について紹介しました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました