春高バレークラスターでコロナ各学校へ?責任は大会責任者がとる?

スポーツ

春高バレーボール大会に出場したチームでクラスターが発生したことが話題になっています。

全国から集まった学校のバレー部がコロナを持ち帰ってしまったのでしょうか。

今回は、春高バレークラスターでコロナ各学校へ?責任は大会責任者がとる?について紹介します。

スポンサーリンク

春高バレーでクラスター

春高バレーに参加していた福島県代表の郡山女子大付属高校でクラスターが発生しています。

【福島】県や郡山市は13日、新たに男女31人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。郡山女子大付属高校(郡山市)のバレーボール部ではクラスター(感染者集団)が発生し、県内の累計感染者数は1307人になった。

同校によると、同部は今月上旬、東京体育館で開かれた全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)に県代表として出場していた。32人(生徒25人、教員・スタッフ7人)がバスで2日に郡山市を出発し、7日に戻った。その後は健康観察で自宅待機をしていたという。

引用元:春高バレー女子代表でクラスター 新型コロナ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル (asahi.com)

また、男子でも優勝した福岡県代表の東福岡高校でもクラスターが発生しています。

東福岡高校(福岡市博多区)は14日、バレー部の部員9人、指導者1人の計10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。部員4人に軽い症状が出たが、入院した人はいないという。バレー部は10日まで東京で開かれた全日本高校選手権(春高バレー)に出場し、男子の部で優勝していた。

引用元:東福岡バレー部で部員ら10人感染 「春高」男子優勝 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル (asahi.com)

相次ぐクラスター発生に他の高校では大丈夫か知りたくなりますよね。

現状どうなっているのか紹介します。

スポンサーリンク

春高バレークラスターでコロナ各学校へ?

春高バレーに出場した高校のバレー部でクラスターが発生していますが、2021年1月14日時点ではクラスターが確認されたのは2校です。

 

ですが、今後春高バレーに出場した高校のバレー部でクラスターが確認された場合は春高大会内でクラスターが発生したと考えられます。

 

2021年1月14日現在では、春高バレーの大会自体がクラスターかどうかは判断できません。

情報が入り次第、追記します。

スポンサーリンク

春高バレークラスターの責任は大会責任者がとる?

春高バレーの大会がクラスター元だった場合、責任はだれがとるのでしょうか。

 

クラスターを発生させた責任をとる人物について、明確な答えはありません。

大会期間内は、検温や体調チェックなど感染対策をしっかり取った状態で開催されました。

また、参加した高校はその対策について了承をしたうえで参加しています。

 

なので、大会関係者に責任はないと考えられます。

このコロナ渦のなかで高校生の集大成を飾れるように準備した大会関係者に感謝します

 

皆さんも、高校生の躍動する姿に、心を踊らされたと思います。

これからの生活の励みになった高校生の活躍をサポートしてくれた大会関係者さん、本当にありがとうございました。

 

スポンサーリンク

春高バレークラスターについてネット上では?

スポンサーリンク

まとめ:春高バレークラスターでコロナ各学校へ?責任は大会責任者がとる?

今回は、春高バレークラスターでコロナ各学校へ?責任は大会責任者がとる?について紹介しました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました