春高バレー2021東山高校棄権原因の発熱選手を特定!SNSでは同情コメント殺到!

スポーツ

春高バレー2021が開催されている中、優勝候補の東山高校が選手の発熱を確認したため棄権しました。

どの選手が発熱してしまったのか気になりますよね。

今回は、春高バレー2021東山高校棄権原因の発熱選手を特定!SNSでは同情コメント殺到!について紹介します。

スポンサーリンク

春高バレー2021東山高校棄権

東京・千駄ケ谷の東京体育館で行われている全日本高等学校バレーボール選手権大会(春の高校バレー)で男子の優勝候補、東山(京都)が7日の3回戦を前に大会を棄権した。

関係者によると同日朝の検温で発熱した選手がいた。チームはその選手を宿舎に残し、同日午前10時からの試合に向けて会場入り。アップも行ったが途中で切り上げた。

引用元:優勝候補・東山が棄権 チームに発熱者/春高バレー(サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュース

優勝候補で準々決勝まで上がってきていることからも、今回の棄権は悔しいですよね。

発熱もなりたくてなっているわけではありませんし、、、

可哀そうです。

スポンサーリンク

春高バレー2021東山高校棄権原因の発熱選手を特定!

東山高校が春高バレー2021を棄権するきっかけになってしまった選手を特定することができました。

しかし、真偽不明なのでここには載せていません。

 

ですが、発熱してしまった選手を含めた東山高校バレーボール部の選手は、勝つためにこの高校3年間バレーボールを練習し続けてきました。

チーム内でも、SNS上でも誰1人として発熱してしまった選手を攻めない姿勢が必要ですよね。

それがこのコロナ渦を乗り越える国民の姿勢だと思いますし、、、

 

この棄権した悔しさをこれからの人生に、これからのバレーボールのプレーに繋げてほしいです。

そのような思いを持っている人たちがSNS上で多くコメントを残しています。

スポンサーリンク

春高バレー2021東山高校棄権にSNSでは同情コメント殺到!

SNS上で、選手に向けて多くのコメントが投稿されています。

バレーボールに興味がある人も、ない人も 、棄権してしまった悔しさの気持ちに同情するコメントを残しています。

 

優勝候補のチームであることから、周りからも期待されていることや、いろいろな場面で周りの人に感謝のプレーをしたかったと思います。

 

ですが、この悔しさをこれからの人生のバネにしてほしいです。

また、私たちも棄権してコロナの感染対策をしているチームを知ったことから、自分たちの行動をもう一度見直しましょう。

スポンサーリンク

まとめ:春高バレー2021東山高校棄権原因の発熱選手を特定!SNSでは同情コメント殺到!

今回は、春高バレー2021東山高校棄権原因の発熱選手を特定!SNSでは同情コメント殺到!について紹介しました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました