鶴竜の帰化申請の許可が遅かったのはなぜ?引退は日本国籍を取得したから?

スポーツ

横綱鶴竜の引退が発表されました。

日本国籍を取っていたことも発表されましたが、なぜこんなにも日本国籍を取るのに時間がかかったのでしょうか。

今回は、鶴竜の帰化申請の許可が遅かったのはなぜ?引退は日本国籍を取得したから?について紹介します。

スポンサーリンク

鶴竜は帰化申請を出してた?

横綱鶴竜は2021年3月24日の引退発表時に日本国籍を既に取得していて、親方になることができるようになったことが報道されていました。

日本国籍を取るためには帰化申請を出す必要があります。

2020年頃に横綱鶴竜は帰化申請を提出して、許可を待っていたようですが、なかなか許可が下りなかった事実があるようです。

なぜこのような事態になってしまったのでしょうか。

詳しく紹介します。

スポンサーリンク

鶴竜の帰化申請の許可が遅かったのはなぜ?

横綱鶴竜が帰化申請を提出してから許可が出るまで時間がかかったのはなぜなのでしょうか。

まずは帰化の許可が下りる条件を紹介します。

  • 住所:日本に来て長い
  • 素行:悪い噂は無い
  • 生計:高級取り
  • 思想:自由(詳しくは未明)
  • 日本語:津軽弁以外

などがありました。

横綱鶴竜は既にこの項目はクリアしていると考えられますが、、、

他の問題があったのでしょうか。

2020年というと新型コロナウイルスが世界中で感染拡大していたことも関係しているのではないかと考えます。

どの機関もコロナに対する対処におわれていましたから。

その他の理由は今のところ見当たりません。

新しい情報が入り次第追記します。

スポンサーリンク

鶴竜の引退は日本国籍を取得したから?

2021年3月24日に引退を発表した横綱鶴竜ですが、引退せずに現役続行を選んでいたら2021年3月場所の休場で5場所連続休場になっていました。

ケガがなかなか治らず、休場するたびにニュースになっていました。

もし、2021年3月場所を引退でなく、休場で発表していたら「引退勧告」が出た可能性が高いです。

では、なぜここまで引退を引き延ばしたのでしょうか。

現役続行をして「もう一度土俵に立って白星をつけるんだ」という強い気持ちもあったと思いますが、帰化申請の許可が出ていなく日本国籍をまだ持っていなかったからだとも考えられます。

日本国籍も持たないと親方になることはできません。

親方になることなく現役引退を発表してしまうと日本の相撲から完全に出てしまうことになります。

そのような事情があって引き延ばしていたのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

鶴竜のプロフィール情報!

最後に横綱鶴竜のプロフィール情報を紹介します。

  • 名前:鶴竜力三郎(かくりゅうりきさぶろう)
  • 本名:マンガラジャラブ・アナンダ
  • 生年月日:1985んrん8月10日
  • 出身地:モンゴル国スフバートル市
  • 趣味:スポーツ観戦
  • 血液型:A型
  • 前職:横綱力士(幕内最高優勝6回・三段目優勝1回)
  • 所属:井筒部屋⇒陸奥部屋
  • 現職:親方

横綱・鶴竜が現役を引退、年寄「鶴竜」を襲名 左足負傷で5場所連続休場中(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f4f440f3e3ba6d0244441934fcd4394a297f1e68

スポンサーリンク

まとめ:鶴竜の帰化申請の許可が遅かったのはなぜ?引退は日本国籍を取得したから?

今回は、鶴竜の帰化申請の許可が遅かったのはなぜ?引退は日本国籍を取得したから?について紹介しました。

引退発表をして、日本国籍を取って、これからは親方として日本の相撲をこれからも盛り上げていってほしいです。

応援してます!

最後までご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました