【2021最新】ラニーニャ現象解消でコロナ感染者増加!?体調変化に注意!

ニュース

2021年1月12日に気象庁はエルニーニョ監視速報を発表し、12月から継続した寒さが平年通りの暖かさに戻る発表がありました。

ですが、心配されているのはコロナウイルスの感染です。

今回は、【2021最新】ラニーニャ現象解消でコロナ感染者増加!?体調変化に注意!について紹介します。

スポンサーリンク

【2021最新】ラニーニャ現象解消

気象庁は今日12日(火)、最新のエルニーニョ監視速報を発表しました。ラニーニャ現象が12月も継続しており、日本列島に強い寒気が流れ込みやすくなった一つの要因と考えられます。

12月のエルニーニョ監視海域の海面水温の基準値との差は-0.9℃で、平年よりは依然として低いものの、11月に比べると差は小さくなりました。対流活動は引き続きに平年に比べて不活発で、貿易風は引き続き平年より強い状況です。このような海洋や大気の状態はラニーニャ現象が継続していることを示しています。

太平洋赤道域の中部から東部に見られる海洋表層の冷水が冬の間は維持され、東部の海面水温は平年より低い状態が継続すると考えられます。

エルニーニョ現象を予測するコンピューターシミュレーションの結果では、2月以降、平常に戻る確率が次第に高くなり、ラニーニャ現象が続く確率は3月になると60%、4月は30%に下がります。春にはラニーニャ現象が解消する見込みです。

引用元:ラニーニャ現象に解消の兆し 天候は次第に平年に近い状態へ(エルニーニョ監視速報)(ウェザーニュース) – Yahoo!ニュース

ラニーニャ現象の影響で寒さが続いていて、交通などにも影響が出ていますが、コロナにも影響されるようです。

調査しました。

スポンサーリンク

【2021最新】ラニーニャ現象解消でコロナ感染者増加!?

ラニーニャ現象とコロナに関する情報を見つけることができませんでした。

 

しかし、ラニーニャ現象とコロナウイルスの感染はかかわりがあると考えます。

ラニーニャ現象が解消されると、平年通りに気温が戻るだけですが、急に暖かい状態になります。

気温の寒暖差が大きくなると風邪などの症状が出る人が多くなるように、免疫力が低下します。

 

免疫力低下によってコロナウイルスに感染する可能性も上がってしまうからです。

2021年現在も、コロナウイルスは日本各地に拡大しており、東京では1日の新規感染者数が2000人を超える日も出てきています。

 

なので、ラニーニャ現象からコロナウイルスの感染増加につながると私は考えます。

スポンサーリンク

【2021最新】ラニーニャ現象解消で体調変化に注意!

ラニーニャ現象の解消によって免疫が低下し、コロナウイルスの感染拡大が考えられると考えられます。

なので、体調の変化には十分に注意する必要があります。

 

気温が大きく変化すると体力も使い、疲れやすくなります。

しっかりと睡眠をとることや食事をとることに気を付けることをおすすめします。

スポンサーリンク

ラニーニャ現象についてネット上では?

スポンサーリンク

まとめ:【2021最新】ラニーニャ現象解消でコロナ感染者増加!?体調変化に注意!

今回は、【2021最新】ラニーニャ現象解消でコロナ感染者増加!?体調変化に注意!について紹介しました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました