【2021最新】介護崩壊は日本の大問題になってる!コロナが与えた影響!

ニュース

コロナウイルスの感染拡大の影響で医療崩壊が近くなっていることが話題になっていますが、介護崩壊も近くなっています。

ですが、現状どのようになっているか分かりませんよね。

今回は、【2021最新】介護崩壊は日本の大問題になってる!コロナが与えた影響!について紹介します。

スポンサーリンク

【2021最新】介護崩壊は日本の大問題になってる!

コロナウイルスの感染拡大の影響で医療崩壊だけでなく、介護崩壊も近くなっています。

 

日本は少子高齢化社会で、もともと介護については、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる年に限界がやってくる「2025年問題」で介護崩壊がこれまでも怖れられてきました。

しかし、コロナウイルスの感染拡大の影響で、介護施設でのクラスターも発生しており、自宅訪問の介護が多くなっています。

 

自宅介護は、各高齢者の自宅に訪問するため、感染リスクも上がっていて、介護士を辞めていく人も後を絶ちません。

 

コロナウイルスによって介護崩壊は加速しています。

スポンサーリンク

【2021最新】介護崩壊にコロナが与えた影響!

コロナによって感染対策をとらなくてはならなくなり、介護が追い付いていない現状が加速しています。

 

介護士が辞めていき、高齢者数も増えています。

コロナの感染対策をとることや、医療崩壊を防ぐことは重要ですが、介護関係もひっ迫している現実に目を向ける必要があります。

 

政府や都道府県は日々、コロナウイルスによる経済活動、医療現場の話をしていますが、高齢者への対処も考えてほしいです。

スポンサーリンク

介護崩壊についてネット上では?

スポンサーリンク

まとめ:【2021最新】介護崩壊は日本の大問題になってる!コロナが与えた影響!

今回は、【2021最新】介護崩壊は日本の大問題になってる!コロナが与えた影響!について紹介しました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました