【沸騰ワード】巨大マツタケのタケノコ王の経歴情報!普段は黒タックトップを着てる!

芸能

2020年11月6日の沸騰ワードでもタケノコ王が出演していました。

浅田真央さんと巨大マツタケを収穫しようとしていましたね。

ですが、タケノコ王はどのような経歴を持った人なのか知っていますか。

今回は、【沸騰ワード】巨大マツタケのタケノコ王の経歴情報!普段は黒タックトップを着てる!について紹介します。

スポンサーリンク

【沸騰ワード】巨大マツタケのタケノコ王の経歴情報!

沸騰ワードに出演しているタケノコ王ですが、どのような経歴を持っているのか知りたいですよね。

タケノコ王の経歴を詳しく紹介します。

タケノコ王のプロフィール

本名は、風岡直宏(カザオカ ナオヒロ)さんで、1973年、静岡県富士宮出身だそうです。

短期大学からトライアスロンを始め、プロで国内大会13回も優勝したそうです。

過去にプロとして国内で活躍していたのは驚きました。

故障のため、23歳で引退しましたが、当時ブームだったクワガタビジネスを始めて、1人で年間3800万円も稼いでいたそうです。

クワガタブームが終わりそうになると、地元富士宮市の特産であるたけのこへと事業へ変えていったそうです。

衰退する地元の富士宮市芝川を目の当たりにし、1人だけで人を巻き込まずに町興しをしていたそうです。

たけのこの山では、130kgの巨大イノシシに、丸太一本で挑んだこともあったそうです。

39歳で妻と別れ、愛する一人息子も失って、家族がバラバラになり、心にぽっかり穴があいたそうです。

ですが、悔しさをバネに、元々年間300日以上やっていた山の整備にもっと気持ちを込めて、日本一の味のたけのこを目指していたそうです。

また、日本では当時、量産の前例がなかったたけのこ界の美白美人(白子たけのこ)を、独自の研究で100本に1本から100本に20本の出現比率まで高めてしまったそうです。

前例がないことに挑戦して、成し遂げてしまうタケノコ愛が凄すぎます。

タケノコ王の目標は、情熱大陸にでることだそうです。

そろそろ出演しそうですよね。

これからも頑張ってほしいです。

両親の頃からお金持ち

タケノコ王は、タケノコ農家の3代目だそうです。

2代目である両親の頃から、すでに農家のビジネスに成功しているそうで、そのビジネスをタケノコ王は広げているそうです。

静岡県富士、富士宮市の地域では、沸騰ワードに出演し始める前から有名だったらしいです。

これから地元のヒーローになりそうですよね。

タケノコ王のお店情報

タケノコ王は静岡県富士宮市芝川に風岡タケノコ園というお店を出しているそうです。

ここでは、タケノコやマツタケだけでなく、みかんやブドウなど旬の食材を並べているそうです。

風岡タケノコ園へ日中に行くと、高い確率でタケノコ王にも会うことができるそうです。

日中に行けば、高い確率で会えるのはうれしいですよね。

1度訪れてみたいですよね。

風岡タケノコ園の外観⇓

風岡タケノコ園の場所⇓

スポンサーリンク

【沸騰ワード】巨大マツタケのタケノコ王は普段、黒タックトップを着てる!

巨大マツタケを育てているタケノコ王は普段、ピンクではなく黒いタンクトップを着ているそうです。

驚きですよね。

ほぼ毎日店に立って、常連のお客さんやタケノコ王に会いに来てくれた人におもてなしをしているそうです。

また、3月であっても日中はタンクトップを着ているそうです。

暖かい静岡県にお店があるとはいえ、春にタンクトップ1枚で過ごすのは凄すぎます。

元気なタケノコ王が作った、マツタケを食べてみたいです。

黒いタンクトップを着たタケノコ王⇓

スポンサーリンク

まとめ:【沸騰ワード】巨大マツタケのタケノコ王の経歴情報!普段は黒タックトップを着てる!

今回は、【沸騰ワード】巨大マツタケのタケノコ王の経歴情報!普段は黒タックトップを着てる!について紹介してきました。

元気なタケノコ王がつくる巨大マツタケにこれからも注目です。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました