松山英樹の年収(2021最新)は50億超⁉マスターズ優勝で増えた額は?

スポーツ選手

2021年4月11日まで開催されたゴルフの4大大会の1つのマスターズで優勝した松山英樹選手。

そんな松山英樹選手の年収が気になっている人も多いかと思います。

今回は、松山英樹の年収(2021最新)は50億超⁉マスターズ優勝で増えた額は?について紹介します。

スポンサーリンク

松山英樹のプロフィール情報!

まず初めに松山英樹選手のプロフィール情報を紹介します。

  • 名前:松山英樹(まつやまひでき)
  • 生年月日:1992年2月25日
  • 出身地:愛媛県松山市
  • 身長:181㎝
  • 体重:81kg
  • 職業:プロゴルファー(2013年から)
  • 所属:レクサス(トヨタ自動車)
  • 出身中学:明徳義塾中学校
  • 出身高校:明徳義塾高校
  • 出身大学:東北福祉大学

経歴

  • 日本人最年少マスターズ予選通過者
  • 日本のアマチュアゴルファー初のマスターズ・トーナメント出場権を獲得してアマチュア選手最高成績のタイトル獲得
  • 日本ツアー初のルーキーイヤー賞金王
  • アジア初のマスターズ優勝など

松山英樹 プロフィール|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

日本初だけでなくアジアの初まで記録を作り出している松山英樹選手。

ヤバすぎますよね。

しかし、これだけ活躍すると年収が気になりますよね。

今回は、松山英樹選手の年収について紹介します。

スポンサーリンク

松山英樹の年収(2021最新)は50億超⁉

松山英樹選手の年収ですが、2021年は50億円を超えるという予測が噂されています。

ですが、どのような根拠で50億円を超えるという噂が出てきたのでしょうか。

調査しました。

ちなみにこれまでの日本人スポーツ選手の最高年収はこちら⇓

  1. 大坂なおみ 40億円
  2. 錦織圭 39億円
  3. 田中将大 23億円
  4. ダルビッシュ有 21億円
  5. 松山英樹 15億円
  6. 菊池雄星 11億円
  7. 前田健太 11億円
  8. 石川遼 10億円
  9. 本田圭佑 10億円
  10. 香川真司 9億円
  11. 岩隈久志 8億円

 

スポンサーリンク

松山英樹の年収の中のマスターズ優勝で増えた額は?

マスターズで優勝すると獲得できる賞金は207万ドルで日本円に変換すると2億2270万円にもなります。

私たちのような人達には到底想像できない金額ですよね。

だって、私たちのような一般サラリーマンの生涯収入が2億8600万円ほどという記録がありますから。

私たちが一生をかけて頑張っている金額を1大会で稼いでいるのですからヤバすぎます。

マスターズといえばゴルフ界の中でもトップ・ザ・トップの試合なのでそれほどの金額になるのですが、、、

しかし、この金額がそっくりそのまま松山英樹選手のお金になるわけではありませんよね。

キャディさんやスポンサー、税金などが関係してきますよね。

全ての経費を差し引いてどのくらい松山英樹選手の手元に残るかまでは分かりませんでしたが、マスターズの歴代優勝者は想像できないほどの金額を稼いでいます。

アメリカで最も成功している現役スポーツ選手といわれていて、ゴルフ界のトップに長年居座っているタイガーウッズ選手。

自家用車での事故も話題になりましたが、そんなタイガーウッズも2019年のマスターズで優勝しており、その時の年収は推定で48億円といわれています。

また、松山英樹選手が優勝した1年前である2020年に開催されたマスターズで優勝したダスティンジョンソンも長者番付で48位の2760万ドルもの年収を受け取っており、日本円で30億2000万円です。

えぐすぎますよね。

松山英樹選手はマスターズで優勝しましたが、タイガーウッズのような記録はまだ届いていないので48億円よりかは下回ると考えます。

しかし、プロフィールでも紹介したようにマスターズの予選通過が最年少だったことや、プロデビューイヤーの年に賞金王までになっていて日本国内では知らない人はいない有名人になっています。

これまでにもテレビCM耶テレビ番組に多く出演されていたので、タイガーウッズまでの年収は受け取れないかもしれませんが、タイガーウッズの年収の48億円に近い金額になると考えます。

なので、45億円ほどにはなるのではないかと考えています。

スポンサーリンク

まとめ:松山英樹の年収(2021最新)は50億超⁉マスターズ優勝で増えた額は?

今回は、松山英樹の年収(2021最新)は50億超⁉マスターズ優勝で増えた額は?について紹介しました。

マジで日本人には難しいとされていたマスターズで優勝した松山英樹選手。

これからも日本のゴルフ界を結果で引っ張っていってほしいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました