乗鞍岳の雪崩場所(地図)は?どこのスキー場?現在の状態がヤバい⁉

ニュース

2021年3月14日に長野県の乗鞍岳で雪崩が発生しました。

ですが、どこでどのように起きたのでしょうか。

今回は、乗鞍岳の雪崩場所(地図)は?どこのスキー場?現在の状態がヤバい⁉について紹介します。

スポンサーリンク

乗鞍岳の雪崩報道

長野県の乗鞍岳で起きた雪崩の報道はこちら⇓

 14日午前10時ごろ、長野県松本市の乗鞍岳で雪崩が発生し、「バックカントリースキーをしている人たちが巻き込まれた」と119番があった。県警によると、男性1人が救助されたが意識不明の重体。ほかに数人がけがをしているが、自力で歩行できる状態という。  松本広域消防局や県警などによると、雪崩が起きたのは標高約2400メートルの地点。幅200メートル、長さ300メートルにわたって発生したとみられる。  長野地方気象台は14日、乗鞍上高地地域に雪崩注意報を発令していた。乗鞍岳付近は13日に30センチ以上のまとまった雪が降り積もったため、雪崩の危険性があったという。

引用元:乗鞍岳で雪崩、1人意識不明 数人けが(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

詳しい状況の動画はこちら⇓

動画ではなかなかわかりずらい情報もあると思います。

雪崩場所を詳しく紹介します。

スポンサーリンク

乗鞍岳の雪崩場所(地図)は?どこのスキー場?

直前に紹介したニュースから次の場所だと考えられます。⇓

乗鞍岳といえばスキー場があって1つの有名観光地でもありますが、その分周りが森で囲まれていて、雪崩が起きやすかったと考えられます。

ですが、スキー場ということもあり林がなくひらけているので、ヘリからの救助もしやすいと考えます。

スポンサーリンク

乗鞍岳の現在の状態がヤバい⁉

冒頭でも紹介した通り、乗鞍岳は2021年3月13日に30㎝以上というめちゃめちゃ大量の雪が降ったんです。

そのため、これから数日は雪崩に注意になければならないかもしれません。

二次災害にならないようにしっかり注意しながら安全に救助してほしいです。

スポンサーリンク

乗鞍岳の雪崩についてネット上では?

乗鞍岳の雪崩についてネット上では次のようなコメントが多くありました。⇓

スポンサーリンク

まとめ:乗鞍岳の雪崩場所(地図)は?どこのスキー場?現在の状態がヤバい⁉

今回は、乗鞍岳の雪崩場所(地図)は?どこのスキー場?現在の状態がヤバい⁉について紹介しました。

安全に楽しむためにも、スキー場側も対策をしてほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました