大石剛(静岡新聞社)のパワハラ問題!社員何人辞めた?男女扱い別?「てめえトバしてやる」の経緯は?

芸能

静岡新聞社の大石剛社長がSBSアナウンサーの原田亜弥子アナと不倫していた報道でパワハラの問題があったことが発覚しました。

ですが、どんな事実があるのでしょうか。

今回は、大石剛(静岡新聞社)のパワハラ問題!社員何人辞めた?男女扱い別?「てめえトバしてやる」の経緯は?について紹介します。

スポンサーリンク

大石剛(静岡新聞社)のパワハラ問題発覚

女性の腰に慣れた様子で手を回していたのは、静岡新聞静岡放送の両社を束ねる、地元メディアのトップ・大石剛社長(51)。そして、社長の傍らにピタリと付き添っているのは同局の原田亜弥子アナウンサー(40)だ。 オーナー社長の大石氏は静岡市内に豪邸を構え、妻と子と暮らしている。原田アナもイケメン夫と、今年6歳になる娘とマンションで幸せな――って、え!? これはいったい……。 「社長と原田アナは昨年から〝W不倫〟関係にあるんですよ。局内では有名な話です。二人が仲睦まじい様子で歩いているところが何度も目撃されており、〝密会用〟のマンションで逢っていると噂されています」(静岡放送社員)

引用元:TV局社長と女子アナW不倫!手をつないで「密会用マンション」へ(FRIDAY) – Yahoo!ニュース

不倫も問題ですが、パワハラは社員の人生を変えてしまっているのですから今すぐに解決しなければならない問題ですよね。

パワハラについて詳しく紹介します。

大石剛社長について詳しい情報はこちら⇓

スポンサーリンク

大石剛(静岡新聞社)は男女扱い別?

大石剛社長のパワハラについて不倫について掲載していた週刊誌フライデーは次のように報道していました。⇓

「静岡新聞と静岡放送は大石一族が経営するオーナー会社で、今の社長は初代社長の孫です。大石氏は電通で6年間働いたのち、12年に社長に就任。やり手経営者として知られていますが、社長のパワハラのため、ここ数年どんどん社員が会社を辞めています。社員に『てめえトバしてやる』と言い放ったのは有名な話です」(別の静岡放送社員)

引用元:TV局社長と女子アナW不倫!手をつないで「密会用マンション」へ(FRIDAY) – Yahoo!ニュース

なんか聞いているだけで恐ろしいですよね。

ですが、原田亜弥子アナには「亜弥子」と呼ぶほどになっているので、女性には優しい人なのではないかと考えます。

フライデーで紹介されている静岡放送の職員さんの文がどうしても男性が言っているように感じてしまっていて、、、

事実は分かりませんが、男女差別的なことをやっていたと私は考えています。

スポンサーリンク

大石剛(静岡新聞社)のパワハラ「てめえトバしてやる」の経緯は?

静岡放送の職員は大石剛社長のパワハラについて、大石剛社長が「てめえトバしてやる」と言い放ったことは有名だと話していました。

ですが、どのようにこの言葉を言う経緯になったのでしょうか。

 

経緯については分かりませんでしたが、普段からパワハラな行為をしていたことは確かなようです。

なので、その日に特別イライラしていたというよりは、いつも通りの行動をしていたら出てしまった一言だと考えられます。

静岡放送内の社員の中ではめちゃめちゃ有名な話のようですから。。。

そのような社長の元で働いている社員は本当に可哀そうだと思います。

一刻も早く、不倫よりも早く自分の行動について事実を話して、謝罪して、責任を取るべきだと考えます。

所で、何人の社員が辞めていたのでしょうか。

スポンサーリンク

大石剛(静岡新聞社)のパワハラで社員何人辞めた?

大石剛社長のパワハラによって何人の社員が辞めていったのでしょうか。

詳しい数字は分かりませんが、フライデーの不倫の取材時に話したことですから、社員の方も会社を守るためのチャンスだと思って、退職命令が出されるのも覚悟で必死になって話したと思います。

 

ですが、私用で会社から離れたわけでなく、大石剛社長のパワハラによって会社を辞めている事実に大石剛社長自身向き合っているのでしょうか。

自分が雇っている社員を何だと思っているのか聞きたいですよね。

大石剛社長の父親や祖父が2代にわたって築き上げてきた信用や体勢を壊そうとしているとしか考えられません。

しっかり、自分自身の行動と向き合ってほしいです。

スポンサーリンク

大石剛についてネット上では?

大石剛社長についてネット上では次のようなコメントが多くありました。⇓

スポンサーリンク

まとめ:大石剛(静岡新聞社)のパワハラ問題!社員何人辞めた?男女扱い別?「てめえトバしてやる」の経緯は?

今回は、大石剛(静岡新聞社)のパワハラ問題!社員何人辞めた?男女扱い別?「てめえトバしてやる」の経緯は?について紹介しました。

事実をしっかりと説明して、事実であるのであればしっかり謝罪して、反省するべきだと考えます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました