レッドブルの値下げなぜできた?コロナで需要が高まってる?

ニュース

レッドブル・ジャパンが2021年1月10日に値下げをすることを発表しました。

なぜ値下げできるのか知りたい人も多いかと思います。

今回は、レッドブルの値下げなぜできた?コロナで需要が高まってる?について紹介します。

スポンサーリンク

レッドブル値下げ

 レッドブル・ジャパンは1月10日、エナジードリンクのRed Bull(レッドブル)商品の価格を改定することを発表。2月1日より、「レッドブル・エナジードリンク 250ml」が241円から190円になるなど、複数の商品が値下げされます。

引用元:レッドブル、241円→190円に値下げへ 2月1日から「より多くの人へエナジーを」(ねとらぼ) – Yahoo!ニュース

突然の値下げにびっくりしますよね。

ですが、なぜ値下げできたのでしょうか。

目的について調査しました。

スポンサーリンク

レッドブルの値下げなぜできた?

レッドブル・ジャパンから形式に値下げができた理由を発表することはありませんでした。

しかし、レッドブルの1つの商品だけでなく、5種類のレッドブルを値下げしています。

多くの需要を求めていると考えられます。

 

レッドブルは「エナジードリンク」であり、同じような飲み物にモンスターエナジーがあります。

モンスターエナジーは最近とても購入者が増えている人気商品です。

 

そのモンスターエナジーよりもこれまで値段が高かったですが、今回の値下げでモンスターエナジーの価格を下回りました。

 

モンスターエナジーよりも人気にする目的があると考えられます。

 

また、新型コロナウイルスの感染拡大による影響があると考えられます。

スポンサーリンク

レッドブルはコロナで需要が高まってる?

飲料業の会社では、新型コロナウイルスの感染拡大によって需要が高まり、会社の経営状況がとても良い状態です。

 

レッドブルやモンスターエナジーなどのカフェインが入った「エナジードリンク」の需要は新型コロナウイルスの感染拡大により増えたおうち時間によって需要は高くなっていると考えます。

 

そのような中で、もっと多くの人に飲んでもらえるように値下げしたのではないかと考えます。

 

現に、レッドブル・ジャパンからは、 テーマは「より多くの人へエナジーを」で、より多く人々にエナジーを届け、ユーザーにとって2021年が大きな飛躍のときになるようにしたいと発表しています。

 

飲料業にとって今が一番の勝負時なのかもしれません。

スポンサーリンク

レッドブルについてネット上の反応は?

スポンサーリンク

まとめ:レッドブルの値下げなぜできた?コロナで需要が高まってる?

今回は、レッドブルの値下げなぜできた?コロナで需要が高まってる?について紹介しました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました