共通テスト失格の鼻出しマスク40代受験生は誰?名前・会場特定!持病あった?

ニュース

2021年1月16日17日の2日間で開催された大学入試共通テストで鼻出しマスクをした40代の受験生が失格になりました。

ですが、どこの受験会場で、どんな人が失格になったのか気になる人も多いかと思います。

今回は、共通テスト失格の鼻出しマスク40代受験生は誰?名前・会場特定!持病あった?について紹介します。

スポンサーリンク

共通テストで40代受験生が鼻出しマスクで失格

新型コロナウイルスの影響による学習の遅れに配慮して2つの日程が設けられたうちの第1日程が終わりました。

共通テストは全国681の会場で行われ、16日と17日の2日間で4人の不正行為が見つかったということです。

東京都では試験官の6回の注意に従わず、マスクから常に鼻を出した状態でいた受験生1人が不正行為と見なされ、失格となりました。

引用元:初の大学入学共通テスト“鼻出し”マスクで1人失格(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

共通テスト失格の鼻出しマスク40代受験生は誰?名前・会場特定!

大学入試共通テストで鼻出しマスクをして失格になった40代の受験生の名前と会場を特定しました。

しかし、真偽不明の為、ここには載せていません。

 

会場は東京都内だということは分かっています。

東京都内の試験会場は、東京大学や早稲田大学など64の会場があります。

 

また、受験生について40代ということだけが確実に分かっています。

40代の受験生は次のようなこともしていたようです。

  • 鼻出しマスクをしていて6回の注意を聞かない
  • 大暴れする
  • 退出命令を聞かず他の受験生が別室へ動いていた
  • 休憩中もマスクを注意されていた
  • 注意後にせき込むしぐさをしていた

40代の受験生とはいえ、これまでこの大学受験の為に頑張ってきた学生がいるのですから、迷惑をかけてはいけませんよね。

ですが、持病を持っていた可能性もあります。

スポンサーリンク

共通テスト失格の鼻出しマスク40代受験生には持病あった?

鼻出しマスクをして大学入試共通テストが失格になった40代の男性が持病を持っていたという情報はありませんでした。

しかし、40代という中年男性ですし、持病を持っていて試験官に説明することができなかった可能性はあると考えます。

 

40代で大学入試共通テストに挑んだことはとても素晴らしいことですが、もし持病を持っていて鼻出しマスクをしていたとするならば、しっかり説明をして自分の実力で勝負してほしかったです。

 

私たちも言うことがつらいこともあるかもしれませんが、しっかりと事情を説明して自分が挑戦する道を確保しましょう。

スポンサーリンク

共通テスト失格の鼻出しマスク40代受験生にネット上では?

スポンサーリンク

まとめ:共通テスト失格の鼻出しマスク40代受験生は誰?名前・会場特定!持病あった?

今回は、共通テスト失格の鼻出しマスク40代受験生は誰?名前・会場特定!持病あった?について紹介しました。

受験が失格になってしまったことは事実ですから、今後しっかりルールを守ることはしてほしいですね。

もし、持病があったとするならば、そのことを言いにくいかもしれませんが、相談する必要はあったと思います。

私たちも、自分の状況を話すことは恥ずかしいかもしれませんが、自分の為だと思い話すことも重要だと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました