千葉県九十九里沖の貨物船と釣り船の衝突事故原因特定!風が強かった?

ニュース

2021年2月23日に千葉県九十九里沖で貨物船と釣り船の衝突事故がありました。

ですが、どのように事故が起きてしまったのか気になりますよね。

今回は、千葉県九十九里沖の貨物船と釣り船の衝突事故原因特定!風が強かった?について紹介します。

スポンサーリンク

千葉県九十九里沖の貨物船と釣り船の衝突事故発生

 23日正午ごろ、千葉県九十九里町の沖合で貨物船と釣り船が衝突しました。釣り船に乗っていた7人がけがをしているということです。  23日正午ごろ、千葉県九十九里町の片貝漁港の沖合およそ25キロの海上で、「海岸の沖合で船舶同士が事故を起こした」と110番通報がありました。この事故で、釣り船に乗っていた7人がけがをして、病院に搬送されたということです。けがの程度はわかっていません。  海上保安庁によりますと、現在、いずれの船も自力で航行できる状態で、貨物船は鹿島港に向かっていて、釣り船は片貝漁港に入港したということです。

引用元:九十九里沖合で貨物船と釣り船が衝突 釣り船の乗員7人けが(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

海上での事故でしたが、無くなった方がいなかったのは本当に良かったです。

ですが、なずこのような事故が起きてしまったのでしょうか。

詳しく紹介します。

スポンサーリンク

千葉県九十九里沖の貨物船と釣り船の衝突事故原因は風が強かったから?

千葉県九十九里沖で貨物船と釣り船との衝突事故の事故原因は既に特定されていました。

ですが、真偽不明の情報だったため、ここには載せていません。

ご了承ください。

 

ですが、事故が起きてしまった2021年2月23日正午ごろの千葉県九十九里沖は風が秒速3メートルと強い風が吹いているわけでもなかったです。

この時期では春一番の風があると考えられましたが、風は関係ないと考えられます。

また、波の高さも3m以内なので、特別海が荒かったということでもなさそうです。

 

海上保安庁が調査しているので正式な検証を待ちましょう。

スポンサーリンク

千葉県九十九里沖の貨物船と釣り船の衝突事故についてネット上では?

千葉県九十九里沖の貨物船と釣り船の衝突事故についてネット上では次のようなコメントが多くありました。⇓

  • 亡くなった人がいなくて何よりです。
  • どちらの船も近くに来てから確認するほど余裕がなかったはずはありませんよね。
  • 気が緩んではダメですよね。
  • 海って広いから事故ないと思ってた
  • 無事でよかった

などのコメントがありました。

スポンサーリンク

まとめ:千葉県九十九里沖の貨物船と釣り船の衝突事故原因特定!風が強かった?

今回は、千葉県九十九里沖の貨物船と釣り船の衝突事故原因特定!風が強かった?について紹介しました。

事故には十分に注意して欲しいです。

私たちも車の運転など、身近に潜む事故に注意していきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました