大学共通テストでクラスター発生⁉集団感染は免れない現実!【2021最新】

ニュース

2021年1月16日、17日に大学共通テストが開催されました。

ですが、クラスターは免れなさそうです。

今回は、大学共通テストでクラスター発生⁉集団感染は免れない現実!【2021最新】について紹介します。

スポンサーリンク

大学共通テスト開始

 大学入試センター試験の後継として初めて実施される「大学入学共通テスト」が16日朝、全国で始まった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が11都府県で出る中、本格的な大学入試シーズンの幕開けとなった。マスク姿の受験生たちは、消毒や換気など厳戒態勢が取られた会場で新たな試験に挑んだ。

引用元:消毒・換気で厳戒態勢、受験生はマスク必須…共通テスト始まる(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース

初めての全国共通テストが開始されましたが、クラスターが心配されています。

現状どうなのでしょうか。

調査しました。

スポンサーリンク

大学共通テストでクラスター発生⁉

2021年1月16日現在、クラスター発生の情報はありません。

開催日当日なので、まだ感染が判明はしていないと考えます。

 

喚起や消毒など感染防止対策は十分にとっていますが、2日間で1室の空間に何十人と入るのですからクラスターがどこかで発生する可能性は高いと考えます。

会場も全国各地にありますし。

スポンサーリンク

大学共通テストで集団感染は免れない現実!【2021最新】

大学共通テストでは、前述した通り全国に多く会場があることや2日間で何十人もの人が1室に集まるので、クラスターは免れない可能性は高いです。

 

ですが、そのほかに大きな理由があります。

検温についてです。

 

検温は検温用紙に書いてテスト会場で提出することになっています。

ですが、自分で検温用紙に書いて提出するとなると、高温でも我慢してテストを受けようとする生徒も出てくると考えます。

1年に1回きりの勝負のテストですから、この2日間にかける思いは受験生は強いです。

 

感染リスクが高まっていることは確かです。

共通テスト中はもちろんですが、テストが終わったからといって遊びに行くなどしないように気を付けてほしいです。

スポンサーリンク

大学共通テストでクラスターについてネット上では?

スポンサーリンク

まとめ:大学共通テストでクラスター発生⁉集団感染は免れない現実!【2021最新】

今回は、大学共通テストでクラスター発生⁉集団感染は免れない現実!【2021最新】について紹介しました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました