コロナワクチンによるアナフィラキシーショックの可能性は?副作用は他にある?

ニュース

新型コロナウイルスのワクチン接種が日本でも2021年2月から開始されます。

ですが、副作用によるアナフィラキシーショックの可能性はどうなのか気になりますよね。

今回は、コロナワクチンによるアナフィラキシーショックの可能性は?副作用は他にある?について紹介します。

スポンサーリンク

コロナワクチン開始

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会(専門部会)は、米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを特例承認するかどうかについて12日夜にも結論を出す見込みだ。既に医薬品医療機器総合機構(PMDA)が特例承認して差し支えないとする審査報告書をまとめており、専門部会の審議でも承認される見通し。この判断を受け、田村憲久厚労相が近く国内接種用ワクチンとして正式に初承認する予定だ。

引用元:新型コロナのワクチンの国内初承認へ審議 ファイザー製品で厚労省部会(Science Portal) – Yahoo!ニュース

いよいよ2021年2月中旬から新型コロナウイルスのワクチン接種が始まります。

ですが、副作用が気になりますよね。

詳しく紹介します。

スポンサーリンク

コロナワクチンによるアナフィラキシーショックの可能性は?

コロナウイルスのワクチンによるアナフィラキシーショックの可能性を気にする人が多いですよね。

アナフィラキシーショックは特定の食物やワクチンを体内に入れたときに体が異常に反応して、呼吸困難になったり、血圧が低くなったりすることがあります。

よく蜂に2度さされるとこのアナフィラキシーショックが発症されて、命に係わることがあるということは有名な話です。

 

ニュースで、ワクチン接種を効率よく進めるためにワクチン接種会場で模擬練習をする様子が報道されますが、アナフィラキシーショックを起こした人の対処を紹介されることが多いからです。

 

ですが、実際にはアナフィラキシーショックを起こす可能性は非常に低いと発表されています。

1番始めは、2回目、3回目と比べてアナフィラキシーショックを起こす確率は高くなるとも考えられますが、1番始めのワクチン接種でも非常に低いのです。

 

これまでに食物アレルギー、インフルエンザなどのワクチンで体に異常があった人は少し気にした方がいいともされています。

そのような人は、日ごろアレルギーの症状が出たときにお医者さんから処方されているものを持ち歩いていると安全かもしれません。

また、ニュースで紹介されているように、すぐに治療できる環境があるので、安心してワクチン接種ができると考えます。

スポンサーリンク

コロナワクチンによる副作用は他にある?

新型コロナウイルスのワクチン接種に関する副作用はアナフィラキシーショック以外にあるのか気になりますよね。

もしワクチンを接種して、新型コロナウイルスに感染した状態と同じ状態になると予想している人も多いかと思います。

ですが、非常に発症の可能性低いアナフィラキシーショックよりも高い副作用はありません。

 

そのようなことがないようにワクチンの審議は国内外で続けられてきました。

なので、安心してワクチン接種に望んでいいと考えます。

スポンサーリンク

コロナワクチンによるアナフィラキシーショックについてネット上では?

コロナウイルスによるアナフィラキシーショックについてネット上では次のようなコメントが多くありました。⇓

スポンサーリンク

まとめ:コロナワクチンによるアナフィラキシーショックの可能性は?副作用は他にある?

今回は、コロナワクチンによるアナフィラキシーショックの可能性は?副作用は他にある?について紹介しました。

安全にコロナワクチンを接種するためにも今回紹介したことを覚えておく必要があると思います。

若い私たちはワクチン接種に慌てず、順番を待ちましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました