横浜刑務所コロナ感染経路特定!受刑者の苦しい思いとは?

ニュース

横浜刑務所で受刑者28人、職員7人の計35人がコロナウイルスに感染し、クラスターが発生しました。

ですが、どのように感染したのか気になりますよね。

今回は、横浜刑務所コロナ感染経路特定!受刑者の苦しい思いとは?について紹介します。

スポンサーリンク

横浜刑務所コロナ感染

 法務省は12日、横浜市の横浜刑務所で昨年12月15日以降、受刑者28人、職員7人の計35人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。国内の矯正施設では最多のクラスター(感染者集団)となった。

法務省によると、感染した受刑者28人中27人が、所内で約60人の同じグループに振り分けられ、ボールペンの組み立てといった刑務作業や食事を一緒にしていた。刑務作業中はマスクを着用していたという。

横浜刑務所の受刑者の収容定員は1225人。1月11日時点で収容する889人全員に抗原検査などを実施する。刑務作業は停止し、面会も当面取りやめる。

引用元:横浜刑務所で35人がコロナ感染 矯正施設、最多クラスター(共同通信) – Yahoo!ニュース

刑務所でもクラスターが発生しているのが現状です。

ですが、感染経路はどこからなのか気になりますよね。

調査しました。

スポンサーリンク

横浜刑務所コロナ感染経路特定!

横浜刑務所のコロナのクラスターの感染経路を特定しました。

しかし、真偽不明のため、ここには載せていません。

 

ですが、受刑者は施設のなかにいるのですから、職員が持ち込んだ可能性が高いと考えます。

また、新規受刑者の可能性もあります。

 

新しい情報が入り次第、追記します。

スポンサーリンク

横浜刑務所の受刑者の苦しい思いとは?

横浜刑務所の受刑者の思いを書いた書面などは報道されていません。

ですが、受刑者のコロナ感染に対する思いは、世間に通りづらいと考えます。

 

横浜刑務所に入っている受刑者は、コロナの感染におびえてると考えます。

隔離された中で、生活を続けなければならない気持ちは想像以上だと思います。

 

罪を犯して刑務所に入ったことは確かですが、コロナに感染するリスクが高いのは確かですよね。

 

受刑者にPCR検査を行い、刑務作業は停止し、面会も当面取りやめる対策をとるようです。

受刑者がその対策で安心してくれればいいのですが、、、

受刑者とは言え、1人の人としてしっかり思いを尊重してほしいです。

スポンサーリンク

横浜刑務所コロナ感染についてネット上では?

スポンサーリンク

まとめ:横浜刑務所コロナ感染経路特定!受刑者の苦しい思いとは?

今回は、横浜刑務所コロナ感染経路特定!受刑者の苦しい思いとは?について紹介しました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました