PR

ファンモンの出身は八王子のどこ?中学や高校は?

その他有名人
スポンサーリンク

ファンモンの愛称で活躍し続けている音楽ユニットFUNKYMONKEYBABYS。

ファンキー加藤さん、モン吉さん、DJケミカルさんの3人のメンバーですが、どんな地域で育ってきたのでしょうか。

今回は、ファンモンの出身は八王子のどこ?中学や高校は?について紹介します。

スポンサーリンク

ファンモンの出身地はどこ?

ファンモンに所属しているファンキー加藤さん、モン吉さん、DJケミカルさん3人とも東京都八王子市出身です。

しかし、それぞれの詳しい場所までは分かりませんでした。

しかし、出身中学校や出身高校から絞れると考えました。

次の章でそれぞれの出身学校について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

ファンモン・モン吉の出身中学や高校、大学は?

まずモン吉さんの学歴について紹介していきます。

ファンモン・モン吉の中学

モン吉さんは東京都八王子市出身です。

東京都八王子市には以下のような中学校があります。

東京23区ではないとはいえ、東京都内なので多くの中学校があります。

ココから絞ることは情報がなくできませんでした。

 

ですが、八王子市の中学生陸上大会で多くの記録を更新していて、当時の保健の教科書に名前が載っていました。

川遊びも好きなことからアウトドアな子だったことがわかりますね。

ファンモン・モン吉の高校

モン吉さんは、地元である東京都八王子市の東京都立片倉高等学校を卒業しています。

2012年に母校の硬式野球部が西東京大会でベスト4に入ったときにツイートが話題になっていました。

強いのは硬式野球部だけでなく、吹奏楽部も強く、運動部・文化部共に力を入れている学校です。

吹奏楽の甲子園と呼ばれている全国大会で金賞をとっています。

凄すぎますよね。

吹奏楽をやっている高校生からすれば憧れの舞台です。

そんな場所で金賞を取っている学校なんです。

モン吉さん自身はどの部活にも所属していなかったようですが、、、

母校の硬式野球部がベスト4に入ったことがよほどうれしかったのでしょう。

東京都立片倉高等学校の詳しい場所はこちら⇓

アクセスとしては、JR横浜線八王子南駅から歩いて12分・片倉駅から歩いて20分の場所にあります。

モン吉さんも八王子出身ですが、JR横浜線で通学していたと考えられます。

東京都立片倉高等学校は校舎も新しくて、勉強するには最適な環境だと思います。

校舎の様子⇓

 

ちなみに、東京都立片倉高等学校の偏差値は49です。

口コミでは、やりたいことができる・THE高校生活を送ることができるなどがありました。

モン吉さんが高校2年生で17歳の頃である1996年にはHIPHOPの活動をしていて、アンダーグラウンドでグループを結成するほどでした。

HIPHOPの活動をしていて、そこから音楽活動に繋げていくモン吉さんには最適な学校だったのではないでしょうか。

ファンモン・モン吉の大学

モン吉さんが東京都立片倉高等学校を卒業してから大学に進学したかどうかは分かりませんでした。

ですが、ファンキー加藤さんと出会って、「FUNKY MONKEY BABYS」が結成したのは2004年の元旦で22歳の時です。

22歳でデビューするためには色々な準備が必要だと思いますし、4年生の大学に進学していては本当に忙しくなってしまいます。

なので、大学には進学していないと考えます。

ファンモン・モン吉のデビューまで

「FUNKY MONKEY BABYS」のモン吉として現在では有名人ですが、有名になるまでには過酷な道なりだったようです。

「FUNKY MONKEY BABYS」は2004年の元旦に結成していますが、メジャーデビューしたのは2006年1月25日です。

3人で活動してからデビューまでの下積みもしんどかったと思いますが、ファンキー加藤さんと出会うまでも相当しんどかったと思います。

結成時22歳だったモン吉さんですが、高校卒業から考えれば約4年の月日が経っています。

そんな中、HIPHOPなどを軸に活動していたのですから、、、

私たちの想像よりも過酷だったと考えます。

そんな生活があったからこそ、熱い歌詞が私たちの心の中にスッと入ってくるのでしょうか。

2021年からファンキー加藤さんと2人で「FUNKY MONKEY BABYS」を再結成しますが、今後も頑張ってほしいです。

スポンサーリンク

まとめ:ファンモンの出身は八王子のどこ?中学や高校は?

今回は、ファンモンの出身は八王子のどこ?中学や高校は?について紹介しました。

学生時代からそれぞれ自分の好きなことをしながら生活していたことがわかりました。

やっぱりファンモンの方々の生き方も憧れますよね。

私は社会の常識縛られてばかりですが、自分のしたいことをしっかりしていきたいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました