林遣都の実家住所はどこ?父親・母親・兄弟の年齢・職業・顔画像は?

有名人

2021年7月に元AKB48の大島優子さんと結婚を発表した俳優の林遣都さん。

そんな林遣都さんはどんな環境で育ったのでしょうか。

今回は、林遣都の実家住所はどこ?父親・母親・兄弟の年齢・職業・顔画像は?について紹介します。

スポンサーリンク

林遣都の実家住所はどこ?

林遣都さんは滋賀県大津市出身ということを公表しています。

林遣都さんについて調査してみると、出身小学校は大津市立逢坂小学校、出身中学校は大津市立打出中学校を卒業しています。

逢坂小学校の詳しい場所についてはこちら⇓

打出中学校の詳しい場所についてはこちら⇓

小学校も中学校も公立学校なので学校近くに住んでいると考えられます。

なので、大津駅付近に実家があると考えられます。

しかし、これ以上絞ることはできませんでした。

スポンサーリンク

林遣都の父親・母親・兄弟の年齢・職業・顔画像は?

林遣都さんの家族構成は父親・母親・兄・林遣都さん・妹の5人家族で、3人兄弟の2番目です。

林遣都さんの家族についてそれぞれ紹介します。

林遣都の父親

まず初めに林遣都さんの父親に関する情報についてまとめたので紹介します。⇓

  • 生年月日(年齢):1960年代?(60歳代)
  • 出身:山口県海側
  • 特技:中国語
  • 性格:オープンな人・情熱的

父親の実家は海の近くにあり、1年に1度は山口県の祖父母の家に行き、父親と一緒に海に潜るのが好きなようです。

 

そんな林遣都さんの父親はオープンな人で中国語が好きで、中華料理屋さんに行ったときに全ての注文メニューを中国語で話していたこともあるようです。

また、家族に愛情をストレートに表現することもでき、60歳を越しても夢を追い続けている姿を見て、林遣都さんは自身の父親の血を引いていることがうれしいらしく「自分も父親のようになりたい」と話していました。

林遣都の母親

林遣都さんの母親の職業や年齢はわあkリませんでした。

しかし、顔画像がありました。⇓

めっちゃ美しいですよね。

ハーフっぽくも見えますが、日本人のようです。

林遣都さんもハーフっぽく見えますが、ハーフのように見えるのは母親から受け継いだからだと考えられます。

 

そんな母親と林遣都さんとのエピソードは多くありました。

あるときに林遣都さんの母親が林遣都さんの活躍がうれしすぎてパソコンで「林遣都」と検索をしてエゴサをしていると、その様子をみた林遣都さんは怒ってしまいパソコンを叩き割ってしまったようです。

林遣都さんは母親に謝罪しないまま高校卒業して東京に上京してしまったようです。

しかし、上京直前に壊したパソコンに手紙を挟んでおいたようです。

その手紙には、

「最後まで迷惑かけてごめん。育ててくれてありがとう。頑張ってる。遣都」

と書かれていて現在は額に入れて飾られていて母親の宝物になっているようです。

 

そんな愛のある母親に反抗期の林遣都さんは「ジュース持ってきて」と2人とも家の中に居ながら電話をしたときもあるようです。

林遣都さんは片付けができないことから母親は甘やかしすぎという噂もありました。

林遣都の兄

林遣都さんの兄に関する情報はこちら⇓

  • 生年月日(年齢):1988年前後(1990年12月生まれの林遣都さんの2歳年上)
  • 性格:やんちゃ・破天荒

職業や顔画像はわかりませんでしたが、兄は父親に似てやんちゃで破天荒な性格なようです。

林遣都さんと兄は幼少期からケンカをしていないようで、ウルトラマンごっこをして遊んでいたようです。

林遣都の妹

  • 生年月日(年齢):1993年前後(1990年12月生まれの林遣都さんの3歳年下)
  • 性格:控えめ

職業や顔画像は兄と同じく分かりませんでしたが、母親にそっくりで美人さんのようです。

林遣都さんと妹は幼少期からよくケンカしていて、大人になった現在でもケンカしているようです。

林遣都さんが「荒川アンダーザブリッジ」に出演することを知った、「荒川アンダーザブリッジ」の大ファンな妹ががっかりして林遣都さんに「出来るの?結構大変だよ」と話してケンカになってしまったようです。

そんな妹に林遣都さんは個性的な兄2人を持った妹を「ちょっと可哀想」と思っているようです。

 

家族1人1人と多くのエピソードを明かしている林遣都さんですが、部屋には家族写真を飾っていて、家族のことを大切に思っていることが分かります。

スポンサーリンク

まとめ:林遣都の実家住所はどこ?父親・母親・兄弟の年齢・職業・顔画像は?

今回は、林遣都の実家住所はどこ?父親・母親・兄弟の年齢・職業・顔画像は?について紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました