PR

上白石萌音の実家はどこ?金持ち?父親母親や祖父母、親戚は?

女優
スポンサーリンク

妹の上白石萌歌さんと姉妹で有名な女優の上白石萌音さん。

そんな上白石萌音さんはどんな場所のどんな家族の元で育ったのでしょうか。

この記事では、上白石萌音さんの実家はどこなのか、家族はどんな人がいるのか調査しました。

スポンサーリンク

上白石萌音の実家はどこ?

画像元:https://news.yahoo.co.jp/articles/85f5785b6a6e05c4973ecc2440a38ee260cf2bb4

まず初めに上白石萌音さんの実家の場所について紹介していきます。

上白石萌音さんの出身地は鹿児島県鹿児島市と公表していて、深堀りしてみると鹿児島県串木野市(現在:いちき串木野市)で生まれて、小学生の時に鹿児島市に移住していました。

なので、現在の実家は鹿児島市内にありますが、詳しい場所までは分かりませんでした。

鹿児島市内の場所はこちら⇓

鹿児島県の中でも西部に位置していて、きれいな桜島を見れる場所なので、毎日桜島を見ながら生活していたのではないかと考えられますが、、、

実家の場所についてはまた新しい情報があり次第追記します。

スポンサーリンク

上白石萌音の実家は金持ち?

画像元:https://www.excite.co.jp/

そんな上白石萌音さんの実家はお金持ちと噂されています。

噂の理由について調査すると、上白石萌音さんは小学3年生から5年生まで父親の仕事の都合上でメキシコで暮らしていたことからお金持ちの噂が出ていました。

確かに父親が海外で仕事する職業と言われるとお金持ちなように感じますよね。

しかし、本当にお金持ちな実家なのでしょうか。

家族について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

上白石萌音の家族構成

画像元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f6b9fcf105bec51fde9da01b8f3f9001aba58d0f

では、上白石萌音さんの実家の家族構成について紹介していきます。

上白石萌音さんの家族構成は、

  • 父親
  • 母親
  • 上白石萌音さん
  • 妹:上白石萌歌さん

の4人家族で2人姉妹の長姉です。

家族で年越しの瞬間は全員でジャンプするのが恒例で、家族での初詣も毎年欠かさないほど家族仲が良いようですがどんな家族なのでしょうか。

父親から順に詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

上白石萌音の父親

では、上白石萌音さんの父親について紹介していきます。

上白石萌音の父親の画像は?メキシコ出身?

上白石萌音さんの父親について分かっている情報をまとめてみました。

  • 名前:上白石修さん
  • 生年月日:1965年前後(2011年1月時点で46歳)
  • 職業:中学校の先生(社会科)
  • 経歴:メキシコの日本人学校の先生

上白石萌音さんの父親は現在、鹿児島市内の中学校で社会科の先生として勤務しています。

教師としてとても優秀だったことからメキシコへ教師派遣されて日本人学校に勤めていた経歴がありました。

そんなことから、お金持ちかどうかではなく、子供から信頼されていたり子供に教えることが上手だったり子供に寄り添うことができたりできる父親だったことが分かります。

また、メキシコ出身の可能性は低いですよね。

「NHKアーカイブス NHK人物録 上白石萌音」で上白石萌音さんは「父が社会科の教師なので大河ドラマは必ず見てはいました。」と、父親の影響で大河ドラマを必ず見ていたことを話していました。

また、「(大河ドラマの)役についてもよくわかっていなかったので、あとは父を質問攻めにしていました。」と、大河ドラマ出演前に多くのコミュニケーションをとっていたことを明かしていました。

そんなことからめちゃめちゃ親子間の距離が近いことが分かります。

上白石萌音と父親とのエピソード

画像元:https://trend-at-tv.com/

上白石萌音さんの父親は上白石萌音さんのキスシーンの多さに困惑しているというエピソードがありました。

上白石萌音さんは2020年4月放送の「帰れマンデー見っけ隊!!」でドラマ「恋は続くよどこまでも」で佐藤健さんとのキスシーンが多かったことについて両親の反応を聞かれると、「父は連絡をくれるんですけど、キスシーンが多かった回は3日後くらいに連絡が来ました」と3日間ほど困惑していたのか連絡が遅かったことを明かしていました。

このエピソードを聞くと、なんか可愛い父親のように感じますよね!

スポンサーリンク

上白石萌音の母親

次に、上白石萌音さんの母親について紹介していきます。

上白石萌音の母親の画像や職業は?

上白石萌音さんの母親について分かっている情報をまとめてみました。

  • 名前:上白石孝子さん
  • 生年月日:1966年前後(2011年1月時点で45歳)
  • 職業:ピアノ教師・講演活動
  • 経歴:中学の音楽の先生(1997年頃まで)

上白石萌音さんの母親は上白石萌音さんを出産するまでは中学校に音楽の先生として勤めていましたが、現在はピアノ講師や講演活動をしていました。

いちき串木野市のほっとルームだよりでは上白石萌音さんの母親の公演について

「赤トンボ」の歌の内容や和音の話をされたり、黒鍵だけの曲づくりをしてみせたりされました。また、学校の音楽の時間だけでなく、身近にある大小のトライアングルや卵形のマラカス、鍵盤ハーモニカなどでの自由な音出しに、型にはまらない音楽の楽しさがあることを話されました。
引用元:https://www.city.ichikikushikino.lg.jp/shakyo1/kyoiku/kyoiku/documents/hotroom_136_1201.pdf

と書かれていました。

音楽教師をしていた経歴を持ち、現在もピアノ教師と講演活動と音楽についてずっと関わっている上白石萌音さんの母親は音感が素晴らしくて娘の上白石萌音さんや萌歌さんよりも圧倒的に歌が上手いようです。

画像元:https://twitter.com/m_lemonedo/status/1402794779516174337/photo/2

そんな音感が素晴らしい母親に上白石萌音さんや萌歌さんも頼っているようで、姉妹共演で話題になった映画『羊と鋼の森』で2人でピアノを弾くシーンでは、

もうすがってました(笑)映画でピアノの先生もつけてくださったんですけど、なかなか頻繁には習いに行けないので、家に先生がいるというのは、本当にありがたい。わかんないことがあったらすぐに母に聞いたりしていました。

引用元:https://tvf-web.com/information9035

と、母親に頼っていたことをインタビューで明かしていました。

困ったことは家族内でも解決できるっていいですよね。

一方、講演で上白石萌音さんの母親は上白石萌音さんと萌歌さんがセリフ覚えに寝る時間が無く、1回だけ”やめたい”と言っていたことを明かしていました。

本音を言い合える家族って素晴らしいですよね。

きつかった上白石萌音さんと萌歌さんも母親に明かしたことによって気持ちもスッキリしたのではないでしょうか。

上白石萌音と母親とのエピソード

上白石萌音さんのデビュー直後だった2011年1月11日放送の「情報プレゼンターとくダネ!」で両親が取材されたときに、教育方針について両親どちらも先生だったことから「人を大切にすることを心がけて学業優先の教育」をしていたと話していました。

両親の願いは萌音さんも萌歌さんも「大学を卒業だけはしてほしい」ようです。

上白石萌音さんも萌歌さんも芸能活動が忙しくなると大学どころではなくなってしまいますが、両親は両立を望んでいるんですね。

【関連記事】上白石萌音さんの大学は○○!大学卒業できた?

スポンサーリンク

上白石萌音の祖父母

上白石萌音さんは祖父母のことが大好きらしく、よく祖父母の家に遊びに行っていたようです。

幼少期から「なんでなんで?」と好奇心旺盛によく聞く元気な子だったようで、祖父から日本地図を教えてもらったり釣りに連れて行ってもらったりしていて、祖母からは字を習っていたんだとか。

上白石萌音さんの父親が社会科の先生で祖父が日本地図を教えていたことから、父方の祖父母なのかもしれませんね。

また、上白石萌音さんの字はめちゃめちゃ綺麗ですが、祖母の影響だったことも分かりましたね!

上白石萌音さんは大河ドラマ「江~姫たちの戦国」に出演する際には、祖母に着物の着方や所作などを教えてもらったことも明かしていました。

何でもできる上白石萌音さんは祖父母からの影響が大きかったんですね。

スポンサーリンク

まとめ:上白石萌音の実家はどこ?金持ち?父親母親や祖父母、親戚は?

画像元:https://mainichikirei.jp/article/20211011dog00m100011000c.html

この記事では、上白石萌音さんの実家はどこなのか、家族はどんな人がいるのか紹介してきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました