PR

竹野内豊の結婚相手となる嫁は誰?歴代彼女まとめ!【2024最新】

男性俳優
スポンサーリンク

イケメン俳優として活躍し続けられている竹野内豊さん。

そんな竹野内豊さんは結婚して嫁さんがいると噂されていますが、本当なのでしょうか。

この記事では、竹野内豊の結婚相手となる嫁は誰なのか、これまでに交際した熱愛相手は誰か調査しました。

スポンサーリンク

竹野内豊は結婚してて嫁いる?

画像元:https://news.yahoo.co.jp/articles/26811d438bf7c7c81a393db76350adbb4222ba6f

ドラマなどで俳優として活躍されている竹野内豊さん。

そんな竹野内豊さんが結婚されていると噂されていますが本当なのでしょうか。

竹野内豊さんは現時点で結婚発表はされていませんでした。

では、なぜ竹野内豊さんは結婚されていると噂されているのでしょうか。

調査してみると、2つの理由がありました。

詳しく紹介していきます。

竹野内豊結婚の噂理由①:佐々木蔵之介の結婚発表

竹野内豊さんが結婚していると噂されている1つ目の理由は、佐々木蔵之介さんの結婚発表で竹野内豊さんが話題になったことからです。

2021年10月30日、俳優の佐々木蔵之介さんがオフィシャルサイトで一般女性と結婚したことを発表し、”最後の独身大物俳優が結婚”とネットで大きな話題になりました。

Twitterでは、「佐々木蔵之介」「一般女性」「最後の砦」といったワードが並び、その中には「竹野内豊」というワードもありました。

ネットでは、「竹野内豊が結婚したら発狂する」「竹野内豊が結婚した時に、全てが終わる」という未来を案ずる声もありました。

しかし、この情報は佐々木蔵之介さんの結婚発表であり、一部のファンの勘違いでした。

竹野内豊の結婚の噂理由②:交際報道

竹野内豊さんが結婚していると噂されている2つ目の理由は、2014年10月のフライデーで交際報道が出たからです。

お相手は女優として活躍している倉科カナさんです。

2018年6月22日に入籍するのではという報道もありました。

数年に及ぶ交際で、結婚が間近なのではないかと話題になっていましたが、2018年11月20日に破局報道が出たため結婚には至らず、結婚を裏付ける情報ではありませんでした。

スポンサーリンク

竹野内豊の結婚相手候補は綾瀬はるか?

画像元:https://www.daily.co.jp/gossip/2021/11/12/0014837454.shtml

ここまでで竹野内豊さんが現時点で結婚されていないことが分かりました。

では、竹野内豊さんの結婚相手の候補と考えられている女性は誰なのでしょうか。

調査してみると、竹野内豊さんの結婚相手候補と考えられている女性は女優の綾瀬はるかさんでした。

竹野内豊さんの結婚相手候補が綾瀬はるかさんと噂されている理由は、ドラマ「義母と娘のブルース」からでした。

竹野内豊さんは2018年7月期のドラマ「義母と娘のブルース」内で、綾瀬はるかさんと初共演をしていました。

大人気のドラマだったこともあり、2022年1月2日のお正月特番で「義母と娘のブルース」のドラマの撮影中、お二人はかなり仲が良かったことから噂が出回ったのです。

画像元:https://twitter.com/ruirui464646/status/1477601115705573377?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1477601115705573377%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=http%3A%2F%2Ftsuru.top%2Fe7abb9e9878ee58685e8b18a_e7b6bee780ace381afe3828be3818b%2F

先述の通り、お二人は2018年にドラマ「義母と娘のブルース」で初共演をしています。

撮影中とても仲が良く竹野内豊さんが倉科カナさんとの破局報道の直後だったことから、竹野内豊さんと綾瀬はるかさんの恋愛の噂が浮上したようですね。

しかし、お二人の交際報道やプライベートでの目撃情報が存在しないことから、共演者として仲が良かっただけのようで結婚する可能性は低いと思われ、交際の噂はありましたが結婚を裏付ける情報ではありませんでした。

スポンサーリンク

まとめ:竹野内豊の結婚相手となる嫁は誰?歴代彼女まとめ!【2024最新】

画像元:https://news.yahoo.co.jp/byline/horiikenichiro/20210617-00243484

この記事では、竹野内豊の結婚相手となる嫁は誰なのか、これまでに交際した熱愛相手は誰なのか紹介してきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました