紀平梨花が金持ちすぎる!実家&両親(父親・母親)の職業もエグい!

スポーツ選手

日本のフィギュアスケート界を引っ張っていっている若きエース紀平梨花選手。

そんな紀平梨花選手の実家が金持ちすぎると噂されています。

本当はどうなのでしょうか。

今回は、紀平梨花は金持ちすぎる!実家&両親(父親・母親)の職業もエグい!について紹介します。

スポンサーリンク

紀平梨花のプロフィール情報!

まず初めに紀平梨花選手のプロフィール情報を紹介します。

  • 名前:紀平梨花(きひらりか)
  • 生年月日:2002年7月21日
  • 出身地:兵庫県西宮市
  • 身長:155㎝
  • 血液型:O型
  • 趣味:ダンス・音楽鑑賞
  • 出身中学校:西宮市立上ヶ原中学校
  • 出身高校:N高校
  • 大学:早稲田大学人間科学部(健康福祉科学科)eスクール
  • スポーツ:フィギュアスケート
  • コーチ:ステファン・ランビエール、濱田美栄
  • 所属:トヨタ自動車嘱託社員(2020年11月1日入社)

腰痛の紀平梨花は5位「歩けないほどの痛みがあった」フィギュア世界国別対抗戦(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

紀平梨花が金持ちすぎる!

紀平梨花選手の実家がお金持ちすぎると噂されていますが、本当なのでしょうか。

調査すると、めちゃめちゃヤバい紀平梨花選手の経歴がありました。

それは、習い事の量です。

フィギュアスケートは3歳の時に滑り始めて、5歳から本格的に練習に励んでいましたが、フィギュアスケートの他にもピアノ・体操・バレエなど8つの習い事をしていたようです。

なので、フィギュアスケートは8つの内の1つでしかなかったようです。

フィギュアスケートといえば道具はもちろんのこと、スケートリンクを借りるなど多くのお金が必要で、1ヶ月に40万円から50万円ほど使うとされています。

そんなフィギュアスケートをしながらも、お嬢様のようにピアノやバレエなどをしているとは、、、

多くのお金を使うフィギュアスケートを含めて8つの習い事をしていたと考えると、紀平梨花選手の習い事だけで1ヶ月で100万円は使っているのではないかと考えます。

そう考えると、本当にお金持ちのようですね。

全て現在のフィギュアスケートに繋がっていないわけではありませんが、ここまで習い事をする必要

は、、、と思ってしまいますよね。

スポンサーリンク

紀平梨花の実家&両親(父親・母親)の職業もエグい!

紀平梨花選手の実家にいる両親(父親・母親)の職業もエグいという噂もありました。

両親の情報について調査してみました。

紀平梨花の父親の職業

紀平梨花選手の父親は、「紀平勝巳(かつみ)さん」という方で、大阪府羽曳野市出身の1967年生まれです。

そんな父親の職業は普通のサラリーマンのようです。

お金持ちの人が多い資産家なのかと思っていましたが、、、

ですが、フィギュアスケートをしながら8つの習い事まで取り組んでいたのですから、サラリーマンの中でも高額な給料を受け取っている人なのではないのでしょうか。

紀平梨花の母親の職業

紀平梨花選手の母親は「紀平美香(みか)さん」という方で、兵庫県西宮市出身、1971年生まれの方です。

職業はデパートの販売員で、紀平梨花選手がフィギュアスケートを始める前までは正社員で働いていたらしいです。

母親も資本家のように超ヤバい経歴ではありませんが、紀平梨花選手を支える姿勢はめちゃめちゃヤバいですよね。

お金ではなく、両親から紀平梨花選手に対する先行投資だったと考えます。

無理をしているとまでは分かりませんが、紀平梨花選手に相当期待しているから8つもの習い事をしていたんだと思います。

スポンサーリンク

まとめ:紀平梨花が金持ちすぎる!実家&両親(父親・母親)の職業もエグい!

今回は、紀平梨花が金持ちすぎる!実家&両親(父親・母親)の職業もエグい!について紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました